スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

出来る事=やりたい事?

こんにちは!!こくうです。

今日はテストピースについて…

私は窯を焚く時、何個かテストしたい物を放り込んでマス。

画像はすべて備前の原土です。

これは井戸釉で、還元焼成です。
121017_1506~01
121017_1507~01

これは透明釉で、還元焼成です。
121017_1507~02
121017_1508~01

これは透明釉で、炭サンギリ=炭化~酸化戻しです。
121017_1513~01

釉や雰囲気、温度などで様々な表情を見せてくれます。

井戸釉は向いてない様ですね。

透明釉は伊羅保っぽい感じで、酸化も試したいです。

炭化~酸化戻しは…何となく青備前…塩窯の青に似てます。(石炭青では無い)

ひょっとしたら魚屋になるかも…。

そもそも備前の土に釉をかけるのは伊部手を除き

なんとなくタブーな感じなんですがね…。

まぁただのテストですので、おゆるしを…。

画像はありませんが、伊部手のテスト…良好でした!!。

今はもう…伊部手を作る作家さん増えましたが

体現したい技法なんで…伊部手の物、近々ブログに載せれるかもです。

どうせ目指すのですから夢は大きく初期伊部手…。

10年越しの想いがありますから…是非成功させたいです。


あっ伊部手の説明をさせて頂くとですね…

焼く前の白地に鉄分が多くて耐火度の弱い土を塗って焼くという技法です。

鉄の種類や割合によって上がりは様々ですが

大体、茶~黒に発色し表面が溶化しています。

時代は室町~江戸まで、続いています。

私が目指すのは桃山~江戸初期…このあたりです。

江戸中期の物も黒飴釉の様で綺麗なのですが…(これも好きです)。

中には何も塗らずにこの効果が現れている物もありますけど…

これはあきらめます。

121017_1659~01
備前瓢形水指 日本の陶磁 備前より

でわでわ!!

押していただけると励みになります。




にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^
関連記事
スポンサーサイト
category
備前
genre
学問・文化・芸術
theme
陶芸

Comment

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/99-dc962455

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。