スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

今回の窯(緋襷)まとめ

a 緋襷 ぐい呑み 沓型 正面
a 緋襷 ぐい呑み 沓型 見込み
a 緋襷 ぐい呑み 沓型 高台
 
今回の窯出し記録まとめとしまして

1 すべて原土を用いて、外割りで2割の山土をはたいた段階で混ぜた。

2 最高温度は1165度 ねらしは約30分。

3 昇温は 1時間/100度 で行った。

4 弱還元焼成(1100~1150)

5 焼き上がりは好ましい部分も見られたが、土の反応が良すぎるため

 (温度にも雰囲気にも)制御するのは難しい。

6 土の粒子が細かく、乾燥と焼成初期段階では、注意が必要。

7 割れ(キズ)の確率は25%位。

小難しく書きましたけど一応覚書です。

手触りやろくろの感触など、やはり土は力強く生きていて

素晴らしい表情を豊かに見せてくれます。

原土で引いた白地がまだ少し残ってますので

次は窯変(炭サンギリ)を試したいと思います。

でわでわ!


押していただけるとランキングの順位が上がるらしいのです。



にほんブログ村


にほんブログ村  
関連記事
スポンサーサイト
category
備前
genre
学問・文化・芸術
theme
陶芸

Comment

No title

そのように緻密な計算が要求がされるんですね。しかも飽くなき追求…ほんとに、焼物の職人技には敬服します。
写真は味わいのある器ですね。
私も作品が欲しいです。
  • 2012⁄09⁄24(月)
  • 21:06

あっ!菊陽さんコメント有難うございます。

> そのように緻密な計算が要求がされるんですね。しかも飽くなき追求…ほんとに、焼物の職人技には敬服します。
いや~緻密な計算だなんてとんでもないです、算数は苦手でして(^_^;)
追求はしていきたいです、理想のものには、まだまだ届きませんが。

> 写真は味わいのある器ですね。
> 私も作品が欲しいです。
嬉しいことを言って下さいますね~
有難うございます。
  • 2012⁄09⁄24(月)
  • 22:56

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/74-d79277e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。