スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

新しいモチーフ決まりました。



まずは見てやって下さい。

徳利です。

a 蜘蛛の網 1

輪花の皿です。

a 蜘蛛の網 2

蜘蛛の巣に特別な思い入れは無いのですが。

自然のものが良いかなと

思いまして…。

実は全然モチーフが出てこなくって

煮詰まってしまって(私はジャム…)

いっそのことジャムをモチーフにしてみようか…などと悩みながら

工房の裏にある山へ出かけたんです。

良い味をしたクヌギの葉が目にとまり

何となく近づくと顔に

ヌチャ~ ……

蜘蛛の巣か、考えてみれば触感は良くないが

デザインとしては良いかもしれないな

山すそで一人…( ̄▽ ̄)ニヤリ。



急いで工房に戻り、化粧掛けが終わって

かっさかさに乾いた白地にガリッガリ ゴッゴリ う~ん

やりずらい…

化粧がポロッポロめくれて

やりずらい…

しばし一服 (化粧土よえ~よ)

もっかい水分を戻してふやかして削る事に

え~と確かこの辺に…霧吹きが あった!これこれ。

手ろくろに白地を乗せてプシュー

みるみるうちに化粧が柔らかく溶けていきます。

シューシューおお シッュー やりやすいです。

こんな感じで作りました。

伝わりますでしょうか?日本語は難しいですね。


一応、他の陶芸家さんが蜘蛛の巣を、題材にしてたらまずいと思いまして。(とんぼの岡崎さんみたいに)

ざーっと調べたんですが、古い物では鍋島の物と伊万里の染錦に(江戸時代の物)

ありましたが、現代ではほぼ、いらっしゃらない様です。

というわけで…使わさせていただきます。

名前も考えました。蜘蛛の網文「くものいもん」です。

蜘蛛の巣のことを蜘蛛の網とも言うそうでして。

今日からスパイダーマン君とお呼び下さい。

でわでわ!

 押していただけるなんて…照れます。







関連記事
スポンサーサイト
category
粉引

Comment

生き物の視線

おはようございます。雨男です。
技術のくだり、そうやってつくるのですね。

蜘蛛の巣の図案。
いいですね。
ふと江戸の画家・伊藤若冲を思い出しました.
池辺群虫図など、自然描写に力を注いだ若冲。
自然への憧憬が感じ取れる作風です

あたたかみのある焼き上がりになるといいですね
  • 2012⁄09⁄14(金)
  • 06:51

おお雨男博士さん!

いつもコメント有難うございます。

超写実の若冲様…
彼の中にある、尋常では無い
集中力と没頭し続けられる環境…
あやかりたいものです。

<あたたかみのある焼き上がりになるといいですね
有難うございます、私なりに頑張ります。^^
  • 2012⁄09⁄14(金)
  • 08:35

蜘蛛の巣

スパイダーマンさん
こんにちはーヽ(*'-'*)

「アトリエには妻以外のいかなる生き物も入れてはならない!ただ蜘蛛だけは例外だ!」・・・・サルバドール・ダリさん

蜘蛛の巣、いいなぁ
ほんとの虫とかとまったら楽しそう

リンクさせてくださいねー
  • 2012⁄09⁄14(金)
  • 17:47
  • [edit]

わぁー夏音さんコメント有難うございます。

>こんばんは^^
返信遅くなりすいません。

> 「アトリエには妻以外のいかなる生き物も入れてはならない!ただ蜘蛛だけは例外だ!」・・・・サルバドール・ダリさん
物知りですね~知りませんでした。
ダリ様は大好きですが…勉強になります。

> 蜘蛛の巣、いいなぁ
> ほんとの虫とかとまったら楽しそう
有難うございます!焼いてみないと分かりませんが結構気に入ってマス。
本当の虫は工房にいろいろいますよ~、蛾とかカナブンとかあとイタチもたまに…

> リンクさせてくださいねー
こんな落書きブログで宜しければぜひぜひ!
私もリンクさせて頂きます。^^
  • 2012⁄09⁄15(土)
  • 03:52

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/61-c056cb7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。