スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

備前焼について思う事

 今日は備前焼について書きたいとおもいます。

 岡山県の備前市で今も盛んに焼かれています。作家の数は少し減ってきていますね~。

 私の地元でもあり子供の頃から親しんできました。

 堅苦しいので本音で言いますネ 

 え~と景気悪いので窯元や個人作家けっこう倒産してます。

 今まで売れてた造形、焼成、歩留まり安定のため、

 すいひして土味が失われた土、

 商業化、工業化された窯業地帯で通用してたんです、

 今までは...

 焼けば客がいい所を探してなんでも売れる、

 そんなこと真顔で言ってた人たち…

 その人たちは自然に淘汰され生き残れなくなって来てる。

 もちろん人気作家と呼ばれる方も、いらっしゃいますね。

 今現在では、阿部安人さんと隠崎隆一さんですね。

 この両名は今のところ実力において完全に抜けています。

 一人は伝統、一人は前衛(強い個性)

 作品もいくつか手にとって見ましたけど、二人共天才です。

 もうねこんな二人同じ時代にいたら僕らやる事ない...

 今から十何年前 ぼくは伝統したかったんです、

 必死に勉強して目利きして

 でもコネもカネもない無名の私は伊部手に活路を見出し

 独学で焼きまくりました。

 がどうしても品のない、いやらしい物ばかり、

 実際は溶化化粧泥です。

 それがなかなか難しい ほんで ん

 ~って思ってると安人さんです。

 まるで毎日悩んでる私をあざ笑うかの様に、

 桃山~江戸初期の伊部手をあっさりと作品化してるのです!  

 私はぼーぜんとしました うわっ 先越された 

 しかもこのレベル、、、。

 とてもじゃないが追いつけん 

 この日から私の伊部手研究は書きかけのノートと沢山の

 テストピース、赤い土の数々とともにやめたままです。

 ちなみに黒楽の市販の釉を薄めにかけて

 薪窯かオキに埋めてから溶かして酸化戻し?

 したのが1番伊部手に近かったです。

 興味ある方は試してみてわ?

 

 でわでわ!

 
関連記事
スポンサーサイト
category
備前

Comment

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/6-36616278

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。