スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ローマ帝国の土器(terra sigillata)


世界にはたくさんの国や文化がありますね。

生まれ興り、そしてついには終りを迎えてしまいます…。

何故かこんな歌詞が頭をよぎります...

ポカリ ポカリ 生まれた命だ カクン カクン 息絶えた命だ

友川かずき 「一切合財世も末だ」より。

この曲聞くとあぁ頑張らなきゃなって思います。

私にとっては応援歌なんです。


ローマ帝国でしたね、この時代の土器を雨男博士さんに教えて頂きまして。

ついに見つけましたterra sigillata!。こちらです

a ローマ テラ土器
画像はウィキペディアより借りました。

テラ シジレッタと読むんですかね?(まー呼び方はともかく)

見所満載ですね。(他のもありましたがこれは上手(じょうて)です)

赤く鉄分の多い土ですね、中国の朱泥もしくは日本の常滑に似た感じの土です。

土の耐火度が分からないのでアレですが…(多分耐火度は低い)

いわゆる土器のイメージ(素焼きの様)よりもう少し

焼成温度が高そうですね。多分1000度位かと。

腰から下はツヤがありますね、この壺の中で最も高温にさらされ

表面が溶化したんだと思います。

それに姿が非常に良いですねー

キリッとメリハリの効いた円座の高台

やや穏やかなアールで大きく広がった腰

緊張感のあるアールを保ちつつ肩付に

厳しく肩のラインに合わせて一気にすぼめられた口作り。(肩付茶入のそれの様)

装飾も見事ですね、イッチンによる優雅なデザイン

肩の部分には白黒象嵌でしょうか。

乾燥中に磨きもかけているようですね~。

いやいや恐れ入りました、技法のオンパレードです、名品ですね!。

このterra sigillataに感化され

取り組んでいる現代の陶工もいらっしゃる様ですね。

a ローマに感化
どなたの作か分かりませんが…英語だったもので^^ お借りします。

優れたものは時代を越えて受け継がれてゆくのですね…。


少しは眼が広がった気がします。

知らない世界を教えて下さった、雨男博士さん有難うございます。

私も頑張ります!

でわでわ!

 押していただけると励みになります。





関連記事
スポンサーサイト
category
雑記

Comment

ありがとうございます

こくうさん、こんばんわ。
ローマ帝国の土器、ありがとうございます。
赤い土器なんですよね。文様はたしか神話をモチーフにしていたかとおもいます。
そして、型に押し込むようにして文様をつけている土器です。

現代の陶芸家にみていただき、いいアイデアがうかぶとうれしいです。
僕もこの土器、趣味で勉強中なので、また新しいことがわかったらお知らせしますね。
ちなみにギリシャの土器はもっと絵画的ですよ〜
  • 2012⁄09⁄12(水)
  • 21:30

こちらこそ ありがとうございます。

> コメント有難うございます。

> そして、型に押し込むようにして文様をつけている土器です。
へえー型押しですか凄い技術ですね。
> 現代の陶芸家にみていただき、いいアイデアがうかぶとうれしいです。
えぇあんなの見せられたら創作意欲が湧いてきますね。
> 僕もこの土器、趣味で勉強中なので、また新しいことがわかったらお知らせしますね。
ぜひぜひご教授下さいませ。
> ちなみにギリシャの土器はもっと絵画的ですよ〜
ほ~絵画的ですか…魅力的な響きですね~
それにしても雨男博士さんは興味を抱かせるのがお上手ですね。^^
  • 2012⁄09⁄12(水)
  • 22:54

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/59-f097d743

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。