スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

鶴首徳利に再度挑みました。

勢いで何とかなる相手ではなさそうです。

参りました。

a阿古蛇

ろくろの上で思った通り、引けないので当然バランスも悪いです。

それをなんとか、整えながらの仕上げ…。

ごまかしながら…情けない話しです。


8月7日に練った原土たち...。

もう使っちゃいました。

今度は取り置いてある唐津か(岸岳系らしいですが)粉引ですか..。

う~ん悩む所ですが、どんな感じか試したいので唐津を少しやります。

斑唐津の釉薬は、今切らしてるので、藁灰高い(笑)。

釉薬は透明系で絵唐津の立ちグイや平グイ呑み

あとは皿ですかね。

それにしても、何一つまともに作れて無いです。

まぁグズグズ言ってても、どうにも成らないので

唐津の事を煮詰めます。(気分は九州男児ったい!)

でわでわ!


 押していただけると涙目になります。

 



関連記事
スポンサーサイト
category
備前

Comment

十分整っているようにみえます

こんばんわ、雨男です。
写真を拝見すると整ってるようにみえるのですが、まだまだなのでしょうか?
奥深いものですね。
  • 2012⁄09⁄01(土)
  • 22:24

あぁ雨男博士さん!

コメント有難うございます。
> 写真を拝見すると整ってるようにみえるのですが、まだまだなのでしょうか?

いつもお声をかけていただいて感謝しております。
はいまだまだでございます。
昨日お笑い番組を見まして若手の方が斬新なネタを次々と
披露してるのを見て、思ったのですが漫才やコント
の世界でも、意外ですが偉大な先人たちも、やりきっては無いのですね。
非常に狭いがまだ隙間というか、多様性の先というかあると思うんですよね。

私は憧れから、伝統にある意味しがみついて、生きてきましたが(古典落語)

これからは、もっと強烈な個性のある作品を作りたい!そう思ってマス。
そういう意味でまだまだなんですよね。

  • 2012⁄09⁄02(日)
  • 10:18

こんばんわ

コメ返ありがとうございます!
研究者の世界は、どの分野でもわかってないことが多すぎて、次々と更新していくって感じですよ。
でも”Standing on the shoulders of giants ”という感じで,偉大な先達の積み重ねがあって,今がある訳ですが.
いい作品ができますよう、応援してます!
  • 2012⁄09⁄02(日)
  • 21:41

雨男博士さん、コメントありがとうございます!

どの分野でもわかってないことが多すぎて、次々と更新していく
そうですかーやはり徐々に解決してゆくものなんですね、少し焦ってました。
Standing on the shoulders of giants
英語弱いんですよ~
肩の上には巨人が立っている…でしょうかね。
偉大な先人の積み重ね…
それを私たちは背負ってるんですね
次の私に伝えるために…
有難うございます、なんかふっきれました。
  • 2012⁄09⁄03(月)
  • 08:51

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/47-820565a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。