スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

鶴首徳利ろくろ引き

a鶴首

画像は桃山時代の鶴首徳利です。

よく吟味された土なのでしょう、土味が良いですね。

焼成もはっきりと緋襷が現れ美しいです。

そして造形も完璧。(バランスとろくろ技術共に)

今日は、鶴首徳利に挑戦しました...。

実はこの鶴首徳利、シンプルな姿からか

簡単な様に見えますが、かなり難しいです。

何とか引いたのが、こちら

a自作 鶴首
う~んなんとも貧弱な徳利ですな~。

特に肩のラインが弱いし、胴の膨らみもイケマセン。

止めときゃよかった。(笑)

削りで誤魔化せなかったら、粘土は再生してまた使います。

鶴首徳利には、思い入れがあるので

何度も挑んでますが、一回も成功した事がありません。

他の作家さんが作られた鶴首の、良い物を見ると

欲しくなります...。

鶴首に関しては、森陶岳さんとか、伊勢崎満さんは本当に上手いと思う。


また腕を磨いて挑戦します。

しかしムズイ、大井戸も難しいが鶴首も…同じくらい。

センスの無い私は、作りたいものが出来ず悔しいです。

こんなに憧れてこんなに想っているのに、悲しい片思いですね。(笑)

でわでわ!

押していただけると励みになります。
 



関連記事
スポンサーサイト
category
備前

Comment

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/42-7539f9b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。