スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

鶴首徳利、首。

こんばんは、こくうです。

少しづつ首を絞ってます。




線が入れてある所から、下は後で削ってあわせます。


始めて紐作りしてみて思ったんですが

このやり方、良いですね。

色んな表情出せて、作為入れやすいです。

首の石ハゼも仕込みます(^ー^)


鶴首徳利って当時の花形陶工が、ろくろで手早くギューッと作ったイメージだったんですが、

引きづらい土で良い土は沢山有るでしょうから、当時も、土優先でやってたんだと思います、紐作り。

手水付けたらすぐにクニャっとなるのでもぉーと言ってやめました。

それでは。
関連記事
スポンサーサイト
category
備前

Comment

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/406-3d5d5e0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。