スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

その1。

こんばんは、こくうです。

カテ新しく作りました。

題して「現代のすごい方たち」です。

いざ書こうと思いますと、とても難いですね。

今現在でのヤキモノの作家さん沢山いますし

私は現代の作家さんをほとんど知らないと思うんです。

なのでルール考えました。

1、私が勝手に選んだすごい方たちです。

(言ってしまえば私の好みです。)

2、世間様の評価とは違うかも分かりません。

3、ご本人様には無許可で書いていますので消せと言われたら
  すぐに削除致します。

4,異論反論はコメント下さい。

以上です。

なんか、もうこわいんですけど(゜.゜;。

最初にご紹介させていただくのは

野口以織さんです。


井戸、粉引、伊羅保、斗々屋、堅手を焼かれています。

井戸や李朝を焼く作家さんは他にもいらっしゃいますが

私はこの方が一番良いなぁと思います。

私も井戸をいつか焼きたいとか思っていましたが

こんなの見せられたらかないません。

土、ろくろ、削り、釉、焼成すべてにおいて

かないません。

初めてHPで作品を拝見した時には

「ほぉぇ~~ここまで出来る人いるんだ~」と

思わず声がでました。

このHPで販売されている

青井戸茶碗2-9は大好きな茶碗です。

お値段は125000円ですが

私は安いと思います。


最後に野口以織さま

私のような半端者が紹介などと、、、

生意気申し上げましたことお許し下さい。

ブログを拝見するかぎり

まだまだお元気なご様子ですので

今後も沢山の良いモノが焼けること

願っております。

それでは失礼致します。

こくう

関連記事
スポンサーサイト
category
現代のすごい方たちをご紹介。

Comment

光栄です。(野口以織)

こくう様
鄙の爺陶工に過分の評価をくださりありがとうございます。
まして同業の方からとは光栄の至りです。
独学の以織には陶工の友人は僅かしかおらず、
同じ関心事を語りあえずに生きています。
ともかく、ありがとうございました。

ここへのコメントでよろしいのかな。
ご返事の方法が分からなかったのでお許しのほど。


  • 2014⁄07⁄17(木)
  • 13:07

わっ!以織さんコメントありがとうございます!^^。

以織さんこんばんはっ。

> こくう様
> 鄙の爺陶工に過分の評価をくださりありがとうございます。
> まして同業の方からとは光栄の至りです。
> 独学の以織には陶工の友人は僅かしかおらず、
> 同じ関心事を語りあえずに生きています。
> ともかく、ありがとうございました。

まさか直接コメントいただけるなんて夢のようです。
ブログを続けてきた事、今回勇気を出して紹介させていただいた事
本当に良かったです。
すべて本心で書いています、貴方は天才です。
あの~私で良かったら仲良くして下さい^^。

> ここへのコメントでよろしいのかな。
> ご返事の方法が分からなかったのでお許しのほど。

はい!ここで結構です~コメント頂けてホントに嬉しいです^^。
お叱りを受けるかもと思ってましたので安心しました。
ありがとうございます。
  • 2014⁄07⁄17(木)
  • 15:55

こんにちは

私には焼き物の事はわかりませんが・・・。
でも一つだけわかりますよ。
野口以織様の作品がこくうさんの好みだって事は!
  • 2014⁄07⁄17(木)
  • 18:52
  • [edit]

わっ!花ちゃんさんコメントありがとうございます^^。

花ちゃんさんこんばんは^^。

> 私には焼き物の事はわかりませんが・・・。
> でも一つだけわかりますよ。
> 野口以織様の作品がこくうさんの好みだって事は!

あははっそれが伝われば大成功です!。
そうです好きなんです、ライクよりラブなんです。
  • 2014⁄07⁄17(木)
  • 20:43

かいかぶり

天才とはほめ過ぎ、かいかぶりです。ただただコツコツやっています。
待っているのが苦手なので、
そこだけが、いつまでたっても焼物屋にふさわしくないところです。

拙作をご理解くださる方に感謝です。
  • 2014⁄07⁄19(土)
  • 13:18

わっ!以織さんコメントありがとうございます^^。

以織さんこんばんは^^。

> 天才とはほめ過ぎ、かいかぶりです。ただただコツコツやっています。
> 待っているのが苦手なので、
> そこだけが、いつまでたっても焼物屋にふさわしくないところです。

私は才が足りないので、天の星のように輝く才を
この位置から見上げますたびに、時々嫉妬にも似た感情
が沸き起こるのも事実です。
しかし余りにも高く眩しければ、それはもう目指しようもなく
ただ見上げて立ち尽くすしかないです。
私にはその位置に以織さまが見えたのです。

> 拙作をご理解くださる方に感謝です。

まさかコメントをやり取り出来るようになるとは、
と未だに驚いています、
こちらこそ感謝ですよ。
  • 2014⁄07⁄19(土)
  • 17:50

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/364-106b584a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。