スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

目利き。

こんばんは、こくうです。

いきなりですが

骨董の世界自体、多種多様で

それぞれの道は長く険しい道のりかと存じます。

私は骨董を通じて様々な方と関わってきました。

沢山の方に教えて頂いたり

少しずつヒントを頂いたりしました。

自分で図録や本歌を見ているうち

あ~、あの時のあの言葉はこういう意味だったのか!

これが言いたくて、、、なるほど!。

と点が線になった時には嬉くなりました。


目利きの方って私の知る限り

相手の考えや好みを批判しません。

自分よりも詳しい人には敬意をもって教えを請います。

故に常に目が磨かれ目利きになるんだと思います。

人間的にもカドの取れていて

言葉選びの上手い方が多いです。

一方、目がアレな方は、、、上記の反対です。


私は人間出来ていませんし、性根はネジ曲がっていますが

目利きが上だと思えた人には

最大限の敬意を払います。

相手に敬意を払うのはホントの本心です。

それが熱意と共に、相手に伝わりますと

関係が一気に縮まり、

何を聞いても答えて下さいました。

ずいぶん得をしたと思います。

これは何の世界でも同じだと思うんです。

それでは。
関連記事
スポンサーサイト
category
古美術

Comment

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/348-ad52b076

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。