スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

道。

こんばんはこくうです。

嘉納治五郎という人がいました。

幕末生まれだと思います。

それまでの術から道に変えた人物です。

この方がいなければ、

柔道はなかったでしょうし、

オリンピックの種目にも

選ばれなかったでしょう。

詳しくはこちら

この方の教えに、自他共栄というものがあります。

お互いに信頼、協力し、共に栄える。

切磋琢磨、出来る環境はとても尊い。

一人での稽古には限界がある。

私なりの解釈です。


柔道をやっていた時には正直、

ふ~んそうなんだ、くらいに考えてました。

でもやめてから、良い考えだなぁ

広まるべくして広まったのだなと

思ったりするわけです、はい。

洗脳されているわけでは無いです。


時々、相撲を見ます。

勝ちにこだわるあまりに

奇襲のような小手投げをかける力士がいます。

あれを見るたびに悲しい気持ちになります。

土俵で戦うもの同士であっても

相手を痛める可能性がある技は

使うべきではないと思います。

そんな奇襲に頼らないと勝てない相手なら

出稽古に行き、胸を借りるべきだと

そう思うんです。

私もこの教えを実生活にも生かすように

日々努めては、います。

が、なかなか、、、。
関連記事
スポンサーサイト
category
雑記
genre
スポーツ
theme
スポーツへの純粋な想い

Comment

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/325-325e9eac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。