スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

口縁のうねり。


こんばんは~こくうです。

今日はろくろの事を書きます。

茶碗などの口縁に五峰(うねり)の変化をつけたくても

なかなか上手くいかない時期がありました。

あとで弄るのもそれはそれで難しい気がして

(今はどちらでも良いと思ってます)

なんとか自然な感じでつけれないかと

いろいろ試していました。

ある日突然「あぁなるほど」と思えた

やり方を。


私の場合は大体、棒引きですので

一個分の玉取りをしてから、穴を開けて

なんとなく粗く引き上げます。

粗く上げているので当然まだまだ分厚いです。

分厚い=しっかりしてますから、

この時にろくろをゆ~っくりにして

真上から指でいちにいさんと押し込みます。

そのまま上の部分が歪んだまま

一番下から一気に引き上げます。

(私は革をあてたりしません)

後は見込みの方から膨らましたり

外から抱えたりして

気が済んだら…糸で切り離します。

一見簡単なようでなかなか

様にならないのが口づくりです。

差し出がましいようですが…

お悩みの方にとって何かヒントななればと

思い書いておきます。

皆様の作品づくりが豊かなモノになりますように。

でわでわ!

いつも応援頂きありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト
category
轆轤(ろくろ)について
genre
学問・文化・芸術
theme
陶芸

Comment

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/266-ddb4e046

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。