スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

備前焼技法 成形編


こんばんは~こくうです。

今日は昨日に続きまして備前の成形編です。

整形の技法は多様ですので、少しずつ書いていきます。

古備前の成形技法私などが分かるはずも無いのですが…

いや知りたいけどまだ良く分かっていないです。

ですので私なりの説明をしていきます。

私自身も覚書を書きながら何かつかめたらと思います。

そうゆうスタンスで書きますのでとうぞ

お手柔らかにお願い致します。


紐づくりで上げて最後にろくろ仕上げしたモノや

最初からろくろで成形したモノ両方あります。

優劣がある訳ではありません。

ろくろで整形する際、高台側に

アバタ高台をつけたモノがあります。

アバタにも種類があり、岩の様な凸凹の大きいモノや

共土(共土以外もあると思います)や灰を撒いたモノなどがあります。

岩の様なアバタは粗い石などに土を据えれば

石の凸凹がそのまま写し取れます。

共土や灰のアバタは現代作られている

作家さんも多いです。

壺では提灯壺と呼ばれる器形のモノに良く見られます。

すり鉢も多いですし水指や茶入、徳利などの高台も

アバタになっているモノが多いです。


桃山再興の第一人者な金重陶陽さまも

このアバタ高台を得意とされてました。

この方のアバタ高台は収まりがよく土味の良さが

さらに際立つように隈取りになったモノが多いです。

陶陽さまの作品は今まで100点くらいは見てきました。

私が買った事は一度もないですが…。

何を見てもやはり上手いなと思います。

アバタ高台を古備前の技術とするならば

これを再現し世に広めた最初の方は

金重陶陽さまだと思います。

アバタだけで終わってしまいました。

画像もなしに失礼しました、あばた高台でググれば出てくるかと…。

でわでわ!

いつも応援頂きありがとうございます。




にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
category
備前

Comment

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/228-c9c12792

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。