スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

時は流れても…。


こんばんは~こくうです。

今日かぶき者について書きます。

私の勝手なイメージでは無法者とか

奇抜な衣装をまとった役者?という認識でしたが

いろいろと調べてみると知らない事も多く

思わずへぇ~とつぶやいてしまいました。


時代は江戸初期から現れ始めたらしく

熱田神宮には「生過たるや廿五(25)都築氏」

と書かれた朱鞘の太刀が残っているそうです。

他にも「いきすぎたりや廿三、八まんひけはとるまい」「豊国大明神臨時祭図屏風」

廿五迄いき過ぎたりや、一兵衛」「当代記」など

当時の若者も過激にツイート…。


戦乱の世が終わり行き場のない

「武」そして「有り余るエネルギー」…。

生まれる時代は今じゃ無かった感…。

ホントはもっと違う見方もあるでしょうけど。

この悲しくうねるような感情は爆発的な「何か」を

持っていると思います。


それにくらべて…私はへなちょこ侍です

弱っちくてせせこましいもんしか出来ません。

(自分でもイヤになります)

でも死ぬまでには

「いきすぎたりや廿三、八まんひけはとるまい」

こんな感情が乗った茶碗が一つ出来たらなと思うんです。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
category
雑記
genre
学問・文化・芸術
theme
陶芸

Comment

へなちょこ侍ではありません。

行き過ぎたりや廿三八幡ひけはとるまい。
乱世の世も今の若者の気持は一緒よね。
こくうさんはちゃんと自分を持ってらっしゃいますよ。
ちょと偉そうに言っちゃった、ごめんね。
  • 2013⁄02⁄08(金)
  • 16:47
  • [edit]

わぁ!そよかぜさんいつもコメントありがとうございます^^。

そよかぜさんこんばんは~^^。

> 行き過ぎたりや廿三八幡ひけはとるまい。
> 乱世の世も今の若者の気持は一緒よね。
はい私もそう思います、気持ちは環境が作るものだと…。

> こくうさんはちゃんと自分を持ってらっしゃいますよ。
> ちょと偉そうに言っちゃった、ごめんね。
自分ですか~…自分ってなんでしょうね、まだまだ良く分かんないデス^^。
いえいえ何でも思うままに仰って下さいね~。
いつもお気遣い頂きありがとうございます。

  • 2013⁄02⁄08(金)
  • 17:56

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/189-27d8afc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。