スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

金重陶陽様を見て。

金重陶陽 緋襷徳利
黒田陶苑様より画像お借りします。

こんばんは!こくうです。

とつぜん画像ですいません。

今日は金重陶陽様について少し。

細かいところはこちらwiki別窓で開きます。

この方は作風の変化と共に陶印も変わっていきます。

初期作の分銅印~土点と呼ばれる土の字に点を加えたもの

~少し変化した囲い陶陽と呼ばれるものに

~長ト時代~最晩年の短ト。

普通は初期作の時代のものは評価が低くなるのが一般的ですが

この方の場合土点時代の細工物などいまだに高価です。

どの年代の作でも評価される。

これはホントに凄い事です。



陶陽様の特徴はあまりブログやネットで書かれてませんが

その土にあると私は思います。

(もちろん造形感覚や焼きに対する厳しさも素晴らしいですが)

特に白い系統の土で渋が出たようなつぶつぶが見えるものが

ご本人の狙いどうりの焼き上がりのように思います。

混ぜ込む山土を作品により巧みに使い分け

土味をコントロールする…とても難しい事です。

土味の柔らかさや味わいにおいて

いまだに一歩抜き出ています。


備前焼中興の祖と呼ばれていますね。

本当にその言葉通りだと思います。

地方の焼き物が認知されましたし地元の皆さんも潤いを得ました。

得難い方です。

あっ追記少し書いてます良ければそちらも。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
有難うございます^^
追記で少し…。

某ネットオークションで毎日出品されてますね。

陶陽様のイケナイもの…。

画像でも図録でも良いのでとにかく本物を

たくさん見て下さい。

その差は歴然です。

失礼しました。
関連記事
スポンサーサイト
category
雑記
genre
学問・文化・芸術
theme
陶芸

Comment

はじめまして

陶芸の事はあまり分かりませんが記事を読ませていただき、お勉強いたします。
金重陶陽さんのお名前は知ってました。もっとも備前焼の方くらいでしたが・・・。

老人クラブの陶芸教室に通ってるくらいの超初心者です。

よろしくお見知りおきをm(__)m
作品造り頑張ってくださいね。
  • 2013⁄01⁄15(火)
  • 09:02
  • [edit]

あぁっ!そよかぜさんコメントありがとうございます^^。

そよかぜさんこんばんは~。

> 陶芸の事はあまり分かりませんが記事を読ませていただき、お勉強いたします。
> 金重陶陽さんのお名前は知ってました。もっとも備前焼の方くらいでしたが・・・。
反応して頂けると嬉しいものですありがとうございます~。

> 老人クラブの陶芸教室に通ってるくらいの超初心者です。
私も偉そうな事書いてますケド初心者ですよ。

> よろしくお見知りおきをm(__)m
> 作品造り頑張ってくださいね。
こちらこそ宜しくお願いしますm(_ _)m。



  • 2013⁄01⁄15(火)
  • 17:13

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/170-731849c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。