スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

陶芸家の本当の話 その1

 私の陶芸家としてのスタートは約10年前でした、当時は訳のわからん自信と夢に酔ってました。

 そんな大勘違い小僧(当時26歳)は、こう思ってました

 どんな大物だろうと人気作家だろうと所詮は人間技だと...

 たった1年で頭を打ちました。 大きな壁にぶつかり乗り越えるなんて考えられない

 ニゲダシタイ ( >Д<;)クッ クルシイ・・・

 オリジナル? 個性? 僕の武器? ウケ狙い? 媚を売る? 何故? 私は何者?

 はい正直まいりました、ものを作るのはこんなに大変なんかと

 陶芸に限った話しでは無いと思います。 ゼロから何かを生み出す人は

 本当に凄いと思う。

 あっ陶芸家の本当の話でしたね

 えーとこのブログを見に来て下さる方は陶芸家になりたいと本気で考えてる方も

 いらっしゃるかも知れませんがはっきり申しますと、上の様な悩みを経験してですね、それなのに

 なかなか作品が売れないという悲惨で過酷な生活をいつまで続くか、分からない状態で耐える。

 こんな感じです(笑)

 私から見て相当研究されて腕もセンスもいい方がいますが(沢山いらっしゃいます...)

 えーこんな値段で売ってるの?っていう位安いです。

 もちろん逆につまんねーもんに高すぎる値札つけて頑張ってる人もいます。

 まー商売ですからやり方は自由ですし、焼いたものが「全部」売れれば

 そりゃ儲かりますよ、それが続けばですがね…

 売り続けるのは難しい それが本当の話

 でわでわ!

 
 押していただけると励みになります。
 
 
関連記事
スポンサーサイト
category
陶芸家の本当の話

Comment

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/15-1e6906b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。