スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

唐津の窯出し…斑、絵唐津など。

こんばんは!!こくうです。

今日は唐津を窯出ししました。

注文主様がブログには載せないで下さいと言われましたので

画像はぐい呑だけですが…。

窯の空いたスペースにちょこっと詰めさせて頂きました。^^


121116_1905~01
五個だけです。
121116_1907~01
絵唐津にも初チャレンジしました。
121116_1907~02
高台側です緋色は細かい炭を敷き詰めて出してます。
121116_1908~01
絵が流れました。
121116_1911~01
斑唐津は溶けすぎました…あぅ~この土は鉄分多めです。
121116_1912~01
一番温度が上がらない場所の斑…これは溶け不足です。

長石を変えたからでしょうか釉調が変です。

なんか土灰が勝ってる感じもします…あぅ~。
121116_1914~01
これは遊びで備前に灰釉を掛けてみました。
121116_1916~01
1260度、位まで上がると緋色飛んじゃうんですかね~。
121116_1919~01
斑唐津を鉄分少なめの土に掛けた物です。
121116_1919~02
見込み部分も。


う~んやはり温度が行き過ぎた感じです。(約10度)

還元から酸化に切り替えるのも遅いようで

釉ぎわの緋色など消えてるものが多かったです。

斑は…あそこまで澄んでしまうと寂しいので

ワラ灰を増やす事にします。

以上焼き上がり報告でした~。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
有難うございます^^
関連記事
スポンサーサイト
category
唐津
genre
学問・文化・芸術
theme
陶芸

Comment

おはようございます

約10度でこんなに変わってしまうと思うと、温度計なき時代の努力と職人技も伝わってきますね.
こくうさんの人柄が伝わる、あたたかみのある作品だなぁとおもいました。
次の作品もがんばってください。
  • 2012⁄11⁄17(土)
  • 08:12

かわいい

こんにちわ~

ぐい呑み、かわいいですね~
写真2枚目のは絵もカタチも好きです

斑唐津ですか、釉薬の裾の青がステキです

わが家には、正体不明の絵唐津?の蓋置きがあるんです
作者不明ですけど、好きです
今度写真撮って送るので見ていただけますか?
  • 2012⁄11⁄17(土)
  • 15:42
  • [edit]

あぅ雨男博士さん、いつもコメント有難うございます!

雨男博士さん こんばんは^^。

> 約10度でこんなに変わってしまうと思うと、温度計なき時代の努力と職人技も伝わってきますね.
ですよね~いつも思います、温度計なくて色味(テストピースみたいなもの)や火の色で…
大変な苦労ですよね、あってもままならないというのに…。

> こくうさんの人柄が伝わる、あたたかみのある作品だなぁとおもいました。
> 次の作品もがんばってください。
嬉しいデスネ~ありがとうございます!
  • 2012⁄11⁄17(土)
  • 16:04

あぅ!夏音さんいつもコメント有難うございます。

> 夏音さん こんにちわ~^^
>
> ぐい呑み、かわいいですね~
> 写真2枚目のは絵もカタチも好きです
>ありがとうございます~絵は難しいケド面白かったです。

> 斑唐津ですか、釉薬の裾の青がステキです
> 青味も少し出てくれました、ちょっとヤタッな感じです。

> わが家には、正体不明の絵唐津?の蓋置きがあるんです
> 作者不明ですけど、好きです
> 今度写真撮って送るので見ていただけますか?
いつでも良いですよ~写真送って下さい。
唐津も作家さんが多いですから
誰か分からなかったらごめんなさいです。
楽しみにしてます。^^
  • 2012⁄11⁄17(土)
  • 16:31

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/129-4da96da8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。