スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

唐津の釉掛けと窯詰め。

こんばんは!!こくうです。

今日は釉薬の調合と釉掛けその後、窯詰しました。

まずは調合からです。

斑唐津の釉を作ります。

材料は、ワラ灰2キロ 土灰2キロ 釜戸長石2キロです。

121113_2100~01

結構大きなかたまりが有るのでフルイに掛けます。(粗めで十分です)

んで、水を加えてまぜまぜ…。

私の斑唐津釉は

釜戸長石30(本当は三雲長石ですが売り切れてました)

土灰  40

ワラ灰 60

この調合で一応決めてます。

121113_2124~01

釉掛け後です、これは朝鮮唐津になります。

茶色い所は黒く、黒い所は白くなります。
121114_0058~01

すべて釉掛けが終わり、この後窯詰めしました。

そのまま焼こうと思いましたが…

慣れない絵唐津の絵付けや何やらで

疲れてしまいまして…寒みぃし…。

窯の蓋を閉じて、一時退却です。

明日は火を入れます。

でわでわ!

押していただけると励みになります。




にほんブログ村
有難うございます^^
関連記事
スポンサーサイト
category
唐津
genre
学問・文化・芸術
theme
陶芸

Comment

おはようございます

釉薬の写真ありがとうございます。
色は全く変わってしまうのですね。
不思議。。。
焼き上がりも楽しみにさせていただきます〜
  • 2012⁄11⁄14(水)
  • 06:55

あぁ雨男博士さん、いつもコメント有難うございます!

雨男博士さんお早うございます~。^^

> 釉薬の写真ありがとうございます。
どもどもいたしまして、掛ける時の写真は両手ふさがるんで無理でした~。

> 色は全く変わってしまうのですね。
> 不思議。。。
ですよね、私もどれが何だか分かんなくなりそうです^^。

> 焼き上がりも楽しみにさせていただきます〜
ありがとうございます!
頑張ります~。
  • 2012⁄11⁄14(水)
  • 09:35

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/127-a50de360

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。