スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

粉引茶碗 銘呉竹

粉引酢次茶碗 銘 呉竹 朝鮮(李朝)時代・15-16世紀

 朝鮮(李朝)時代・15―16世紀
高8.1cm 口径16.5cm 底径6.4cm 
五島美術館蔵

片口の食器を茶碗に転用したもの。「粉引」(別名「粉吹」)とは、鉄分の強い黒い土のため、化粧掛けした白泥釉が粉を吹いたように見えるところからの名称。「酢次」とは、本来の用途「酢を次ぐ容器」の意味。内箱蓋(表)の金泥字「呉竹」は、近代の数寄者益田鈍翁(1847―1938)の筆。

 
 いい茶碗ですね~ 薄く上品に掛かった化粧土と釉 小石を含んだ荒々しい土 

 化粧掛けの際に持った指あとが高台に残って作者の息遣いまで聞こえてきそう(きっと華奢で指の細い人w)

 立ち上がりから一気に広がり、きりりとした口づくり 

 土が少し柔らかいのかロクロから外して置くまでのあいだに

 自然についた歪み。

 もとが食器だろうが雑器だろうが良い物は良い。

 だから鈍翁さんもご所望されたんだろうと思います。

 口元の二重のロクロ目(装飾?)は李朝の物でたまに見ますが

 どんな意味があるんでしょうかね~

 う~ん 謎です どなたか是非、教えて頂けませんか?

 
関連記事
スポンサーサイト
category
粉引

Comment

Trackback

http://cokuu.blog.fc2.com/tb.php/12-bae9bb14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。