Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

カラの箱。

こんばんは、こくうです。

何とか生きています、そこそこ健康です(^^)。

アルバイトもはじめて約1月半になりました、良い社長さん社員の方々との出会いに感謝です。

夜間受付みたいな事をさせて頂いています。

先日仕事先でたまたま見かけたほっこり場面です。

20151125031829594.jpg

きっと畑で収穫した野菜とか置いていって下さったんでしょう。

人との暖かな交流はたったこれだけのメモ書きで事足りるのですね。

まるでつげ義春さんの漫画の1コマに出てきそうな場面に疲れた身体も少し軽くなったような気分でした。

また近いうちに更新します。

それでは。
スポンサーサイト
category
雑記

大いも虫。その2

2015110120573512d.jpg

こんばんは、こくうです。

大いも虫、正面の胴部拡大画像です。

大きなひっつき跡があります、作品と同じ共土のように思います。

このひっつき跡が出来た時、この花入は正面側を下にして焼いたと考えます。

理由としては、ひっつきの左側のゴマが左から右に

ろくろ目に沿って流れているからです。

流れたゴマはこの共土のトチにまで及びそのまま冷え固まったのでしょう。

よく溶け流れたゴマとは違う質感のカセた部分が下部と右側に見えますが

このカセたゴマが先に付着し、再度焼いた際に流れたゴマが付いたように見えます。

もしかしたら焼き直しの前にゴマを意図的に付けているかも知れません。


左耳側の黒い筋状のゴマについて美濃伊賀の影響は受けていないと思います。

美濃伊賀に見られる鉄釉を流したような跡ですが

美濃伊賀の意匠とは全体のデザインも違うように思いますし鉄釉では無いと思います。


素人が付けゴマだの美濃伊賀とは違うだのエラそうによくもまぁ

とお叱りを受けるかもしれませんが、私の思った事なのでお許しを。

ホントは窯焚き1回でこの焼き上がりになったのかもしれないです。

当時の窯焚きを見には行けないので色々と妄想してます。

大好きな花入、大いも虫はまだまだ私をワクワクさせてくれます。

それでは。
category
未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。