Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

塩化銀感光しろ!。

こんばんは、こくうです。

銀の事を詳しく調べてみました。

銀が塩化した場合、表面にうすい塩化皮膜が出来るそうです。

この皮膜は最初、赤茶系の色になり

紫外線(日光)を浴びるとジョジョに

黒紫色へと変化するらしいです。

以前アップした赤茶系の謎が解けました。

今コインたちはベランダに放り出されて

日光浴中なうです。

お天気悪いですが裏返すと色の差がはっきりと現れていました。


何故私が、銀をいぶしているかと言いますと

過去に日本刀の外装に施された見事な彫金技法に

ほぉ!と胸をうたれた事があるからです。

白く輝く銀もそれは綺麗なものですが

いぶした銀にはなんとも言えない美しさがあります。

今こんな事してるのも自分の意志であるような、

ないような不思議な感覚です。

頭の片隅にあるあの日の感動を

ひそかに追い求めているのかもしれません。

実験みたいな事は大好きですから楽しいです。

それでは!。
スポンサーサイト
category
雑記

うぅなんであかやねん。

こんばんは、こくうです。

ジフで磨きました。

201406261721242f4.jpg
20140626172123027.jpg

多少は凹凸が強調されましたが

、、、思ってた色とチガウヨ。

特にウィーンの赤茶には?です。

黒紫色が理想というか好みの色なんですが、、、。

塩化と硫化で色が少し違うのかもです。

納得いかないのでもっかい

泡ハイターでしっかり目に塩化させています。

これを磨いてダメだったら

しょうがないので硫黄を求めて

マツキヨ行きます。

あっ仕上げ磨き用の細かい粉も

買わなきゃ。

ジフ粗すぎてキズまみれ^^。

ハンズ行きます。

横浜駅で毎回迷子になりますけど。

それでは。
category
雑記

Agたすcl→えんかひまく?。

こんばんは、こくうです。

コインをいぶす方法でググってたら

610ハップを使う方が多いようです。

610ハップに含まれる硫黄で硫化させるんですね。

なるほど。

でも硫黄持ってない、、、。

あっ最初から古銭買っとけという

ごもっともなツッコミは無しでお願いします。

それ以外では塩化でも出来るそうなので

泡ハイターで試してみましたら

こんな感じに

201406251928216dd.jpg
201406251928418b4.jpg

うおー塩化はえー。

常温でも塩素かけたらすぐに

色が変わっていきます。

とりあえずニセ銀貨ではないようです^^。

明日はこれを磨いてみます。

それでは。
category
雑記

初めての銀貨。

こんばんは、こくうです。

最近コインって良いなって思いまして

ネットで適当に調べてますと

種類も色々ありますし、

時代も色々あって面白いです。

金貨は買えないので

銀貨で探してみました。

201406242222424f6.jpg

一番上が、イーグルコインで

左がウィーンフィルコイン

右がメイプルコインです。

全部1オンスです。(31グラムくらい?)

3個買って1万円弱でした。

今、銀は1グラム70円くらいなので

そんなに高いとは思いません。


実はネックレスにしようと考えています。

丸かんロー付けにするか

925の枠を買うかで悩んでます。

イーグル用の枠は見つかるのですが

メイプルとウィーンフィルの枠

売って無いんですよね。

金貨用はあるのですが、、、。

何とか安くペンダント化できる様に

方法を考えます。

今は新品の状態なので

硫化で黒くしてから磨こうと思います。

その様子もまたアップしますね。

それでは。
category
雑記

「梅や」さん。

こんばんは、こくうです。

今日は最近お気に入りの、あのお店に行きました。

えぇどうしてもガマン出来なかったものですから。

鶏肉が異常に食べたくなる時があるんですよ。

牛とか豚はそれほどでもないのですが

鶏肉は定期的に食べないと体調が悪くなります。

紹介させていただきます。

鶏肉専門店「梅や」さん。

20140623014827656.jpg

卸と小売の両方されてるみたいです。

今日買ったのはこれです。

2014062301484601c.jpg

すべてタレにしました。

左から肝、ピーマン串、ネギま!、もも。

私のお気に入りはピーマン串です。

ひそかにピーマンま!と名づけています。

ピーマン自体は嫌いなんですけど、、、

給食に入っていたら鼻つまんでたべてました。

これは焼き加減がお上手で

おいしいんですよ^^。

鮮度が良いのでお肉がギュッとしてます。

これだけ買って1200円くらいです。

ごちそうさまでした!

ホームページはこちらです。

いつか1羽まるごとのローストチキンに

かぶりついてみたいです。

それでは。
category
横浜食べ歩き

著作権、、、。

こんばんは、こくうです。

今日はいつも通る伊勢佐木モールで

屋台が出ていたので、遊びに行きました。

チョコバナナにお好み焼き、

イカ焼きに金魚すくい。

射的や横浜巻き?とかもありました。

お祭りと言うには小規模でしたが

何となく浮かれた気持ちになれるのは不思議ですね。

何故か金魚すくいが一番人気でした。

一周りして帰ろうかと思いましたが

気になったフランクフルト屋さんで

一つだけ買いました。

このフランクフルト屋さん

一本買うと一個ビー玉を、お手製の

スマートボールみたいな台に入れるんです。

許可を頂いてカシャッ。

20140617001120c0d.jpg

左右2つずつは1本なのでハズレです。

真ん中の2つが2本と3本で当たり。

ビー玉だけ入れてそのまま帰ったので

どんな動きをしてたのか分かりませんが

こうやって見ると右側意外と釘アケてますね^^。

それでは。
category
雑記

目利き。

こんばんは、こくうです。

いきなりですが

骨董の世界自体、多種多様で

それぞれの道は長く険しい道のりかと存じます。

私は骨董を通じて様々な方と関わってきました。

沢山の方に教えて頂いたり

少しずつヒントを頂いたりしました。

自分で図録や本歌を見ているうち

あ~、あの時のあの言葉はこういう意味だったのか!

これが言いたくて、、、なるほど!。

と点が線になった時には嬉くなりました。


目利きの方って私の知る限り

相手の考えや好みを批判しません。

自分よりも詳しい人には敬意をもって教えを請います。

故に常に目が磨かれ目利きになるんだと思います。

人間的にもカドの取れていて

言葉選びの上手い方が多いです。

一方、目がアレな方は、、、上記の反対です。


私は人間出来ていませんし、性根はネジ曲がっていますが

目利きが上だと思えた人には

最大限の敬意を払います。

相手に敬意を払うのはホントの本心です。

それが熱意と共に、相手に伝わりますと

関係が一気に縮まり、

何を聞いても答えて下さいました。

ずいぶん得をしたと思います。

これは何の世界でも同じだと思うんです。

それでは。
category
古美術

カイラギのヒント。

こんにちは、こくうです。

伊勢佐木モール中ほどにある

たこ焼き屋さん(波止場?)の対面に

一週間で入れ替わるお店があるのですが

そこで何となく見つけた石。

気になって店主に聞きました。

「これはなんて言う石ですか?」

「コレハ、メノウヨ、モヨウオマモリイミアルヨ」

「へ~そうなんですか、革紐ありますか?」

「アルヨ!ネックレススグデキル、イシハソレデイイカ?」

「じゃあコレでお願いします」

「ok!ヒモトチイサイノサービスネ!」

慣れた手つきでささっと作ってくれました。

201406131253462a8.jpg

「ヨコハマバシニホンテンアル、マタコイ」

「、、、はいまた寄らせてもらいます」

「4320エンネ」

税込みじゃ無かったのね。


多分メノウでは無いのだろうけど

表面のカイラギの様な肌が気になっています。

もっとカイラギが激しいモノもありました。

訳わかりません。

イミテーション樹脂かな?と思い

ライターでアブって見ましたが

溶けませんので石かガラスだと思います。

とんぼ玉みたいなモノでしょうね。

ガラスも半溶け状態はカイラギ状になるのかな?

井戸のヒントはこの中に隠れているかもです。

答えはきっとこの中にあるはず。

それでは!。
category
井戸

あぁ!何で割っちゃたんスか?

こんばんは、こくうです。

今日は久しぶりに織部ネタです。

織部さまの逸話はたくさんありますが

「十文字」の話は有名です。

簡単に説明致しますと

何故か井戸茶碗を割ったんです。

えぇパッカリと十文字に、、、

そんで、

つなぎ直したんですね。


「何故か」の部分を私なりに

考えてみました。

①うっかり割ってと言うのは

あり得ないと思います。

この井戸茶碗をうっかりした人が

触れる訳ありませんから。

②大きさが大きすぎて、小さくする為

この説はよく聞くんですが、、、

これもどうかなと思います。

③十文字だけにキリスト、、、

そうかも知れません。

④モザイク画の美を井戸茶碗に、、、

⑤破調の美を追い求めた結果。

う~んやっぱり

天才の頭の中は分かりません。

いずれにしても多くの人が

話題にしたり考えたりしたのですから、

ソレはもう成功かと思います。


古田織部さまは茶人になった当初

イワユル名物をなにも

持っていなかったそうです。

唐物の茶入れが買えないので

同じ様な大きさの香炉を

茶入れとして見立てて使い

大きな驚きを与えたといいます。

朝顔の茶会でも天下人あいてに

命懸けのへうげを見せました。

人の期待を鮮やかに裏切って

独自の美を作り上げた人ですね。

叩き上げで天下人三人に仕える、、、。

実際は恐ろしい人だったでしょうねぇ。

20140608150728c99.jpeg
20140608150749861.jpeg
画像お借り致します。

それでは。
category
織部

姉さんみっけ。

こんばんは、こくうです。

ウサギを作った人を探し中です。

今、分かっている情報はわずかです。

たぶんお名前がclaire oliver さん。

画像でググってましたら、

こんな画像見つけました。

201406061842401c0.jpg

製作中です。

粘土はまだ生っぽいですが

どこも乾いた様子がありません。

大作ですからかなり時間は

かかっているはず、なんですが

均一に乾いているようです。

考えられるのは

部屋全体の湿度を上げているか

粘土に油を混ぜているか

どちらかと言うと、後者っぽいです。

なんとなく、、、勘ですけど。

中はおそらく空洞でしょう。

この大きさでキズ出ないのかな。

私ならシャモット3割入れても

キズまみれにする自信ありますね。

これ乾いたら焼くんですかね?。

入る窯は有るでしょうけど

ユニックとかリフト無いと無理ですね。

天井クレーンかな?。

姉さんスケールでかいっす。

それでは。
category
雑記

天才リスト入り。

こんばんは、こくうです。

今日はお休みを頂いたので、家でのんびりしてました。

ヤフー知恵袋を見ていて

初めて見る作品にドキッ。

しばらくホームページ上で「はぁ~いいなぁ。」

などとつぶやいていました。

どうもヤキモノの細工みたいです。

個人的には細工物は

超写実系(江戸中期とか)

のモノが一番良いと思ってきましたが

意識を少し変えられました。


モノ創りしている方がよく3Dプリンターは脅威

みたいな事書いているのを見ますが

オリジナルに「チカラ」があればあんまり関係ないと

、、、私は思います。

3Dプリンターは材質を写せませんし。


でもオリジナルは高そうなので

これだったら3D樹脂でも欲しいと思います。

私うさぎ年の生まれなんです。

Sanguine akaiusagi

ホームページはこちらです。

それでは。
category
雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。