Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

コンニチアン。

こんばんはこくうです。

先日知り合いが今日庵を見に行ったそうです。

そしてその名の由来を教えてくれたのですが

これが良い話だったので書きます。

え~と千利休の孫である千宗旦は江戸初期の方です。

ある時自分の創意を込めた茶室を作りました。

宗旦は出来た茶室の名づけ親に

大徳寺の清厳和尚を選びました。


来ていただき名を頂戴する約束をした

その日の時間が来ても和尚は来なかったそうです。

宗旦は別の用事の時間が迫っていたので

やむなく弟子に、また明日に来ていただくよう

伝えてくれと言い残し、出かけて行きました。

和尚はそのあとすぐに来たそうです。

そして茶室を見た後に(懈怠比丘 不期明日)

(怠け者の僧である私には明日の事など

分からないので、約束は出来ない。)

と書き残して帰っていったのです。

これを読んだ宗旦は、自分の未熟さを

大いに恥じたといいます。

そして「今日今日と言いてその日を暮らしぬる

明日のいのちは、とにもかくにも」

と思いを改めたのです。

この言葉は

「明日の命があるかどうかも分からないのに

一番大切な今をおろそかにして

あてにならない明日を期待するのは

間違っていました」と言う気持ちが

込められていると思います。


そして「今日庵」と命名。

この名は裏千家の庵名になりました。

私も今確実に存在する、

今ただいまを大切に、生きたい。

先伸ばしの言い訳とかして

恥ずかしいなと、みっともないなと

思いました。

今をただひたすら。

それでは!。
スポンサーサイト
category
雑記

はっ!!

終わってる、、、。

こんばんはこくうです。

チェックはしていた、、、つもりなんです。

第一印象から決めていたんです。

6万までだったら買おうかなぁなんて。

あまり見かけないし嫌いじゃないし。


何の話かと言いますと

江戸中期の備前徳利がヤフオクに

出品されてまして、、、

イワユル献上手です。

細口のなが~い、しずく形のじゃなくて

木村コレクションにあるような感じの

まぁあそこまで良くなかったですケド。

落札価格3万ちょい、、、。

安っ。

もっかいいいます、、、。

やすっ。

いくら相場が下がっているとはいえ

安過ぎます。

贋作の方が高いとかなにやねん


少し前(15年)なら20~30してました。

中期のモノはキッチリしてて

ロクロも冴えているので

見てて気持ちいいです。

あんなのどうやったって

私には作れませんから。

正直憧れはありますね。

買えなかったのは縁が無かったのでしょう。

その分貯金しときます。

それでは。
category
古美術

ツボ。

こんにちは、なかなか更新出来ないこくうです。

突然ですが最近、壺が欲しいと考えています。

壺、、、と言えば特別なものを除き

ほとんどのモノが雑器です。

良く見せようだとか、ナニかに媚びるとか

そう言うところが一切なく

ただ使用に耐えるべく作られています。

キレイさや華やかとはまた別次元の

魅力があると思うんです。


ちゃんとした茶道具がほしくても

あんなお高いの買えませんので

壺でと言うのが正直なところです。


一番欲しいのは、

やはり信楽の室町時代のものですね。

口がラッパ状に開いた胴から肩に

大きく張った形は、シルエットだけでも

素晴らしいです。

出来れば土の密なモノで自然釉が流れてて

降りものがあったりして、、、

100万以上しますね、すみません。

人気薄いとこで何か探して見ます。

それでは♪
category
古美術

伊勢佐木モール。

こんばんは、こくうです。

伊勢佐木モールで陶器市をしていたので

見に行きました。

201405121736034af.jpg

○○焼のようなものや、

手作り風なものも多く

ガックリと肩を落として会場をあとに。


イベントの意図は分かりませんが

これをやって何かに、つながるのかなぁ?

もやもやした気持ちのまま、

モールを折り返すと

jazzバンドの演奏やってました。

ちゃんとドラム、ギター、ウッドベース

こちらは○○風ではなく

マトモでマジメです。

後者はその世界に興味を持ち

人から人へと良さが伝えられるとか

交流が生まれるきっかけになり得る、

先のあるイベント

なんじゃないかな?などと

サシデガマシイ事ですが、思いました。

それでは。
category
雑記

無冠のの天才。

こんばんは、こくうです。

私がヤキモノに憧れたきっかけを書きます。

今から約18年前に

古備前の研究をしている方とお会いしました。

膨大な資料やその情熱に、

心動かされました。

ひとつの世界に身を捧げた方の言葉には

重みがあり、意外な真実も、、、あり、


意外な真実とは。

核心には触れない程度に書きます。

ある一人の天才が

ある時代のある器形のモノを作ったんです。

試行錯誤の末、かなり近いモノが焼けて

どんな目利きでも本物と疑わなかったそうです。

その後どうなったかはご想像におまかせします。


私はこのモノを一度だけ手にとって

拝見させていただいた事があります。

何気なくほれっと渡されたそれは

まさしく図録の中のモノ、、、

何処をどう見ても本物、、、

感動してそれをまさぐる私にひとこと

(本物に見えるじゃろ)

、、、!!

ご本人いわく会心の出来のモノだそうで

手放したくないから置いてあるんだそうです。

どんな熱心な作家でも

たどり着けない高みに

この人はたった一人で、情熱だけで

たどり着いた。

心に決めた師匠はこの方一人です。


注(えっと今回の話は、たぶん私が見た夢の話です^^)

それでは。
category
古美術

ラッカセイの味。

こんばんは、こくうです。

最近ある方とお酒を飲みに行きまして

ヤキモノの話などさせて頂きました。

自分の子供でも、おかしくないような

若輩者の話を真剣に聞いて下さったのが

印象的でした。

お会いした時にはもうその方は出来上がっていましたが^^

遅くなるまで飲みました。

こんな事本当に久しぶりで、嬉しくて

私もついテンションが上がり

熱っぽくなったかもです。


安い均一居酒屋に場末のパブ

銘柄不明のビールに焼酎、

つまみは殻付き落花生です。

でも楽しかったな。

幸せって近くにあるもんなんですね。


このブログも話の種になり

先のこともお話してみて

やはり私はヤキモノを捨てきれないなぁと

止めてしまうのは簡単だけど

何にも出来ていないまま

爪痕残せないまま

ぜったいイヤです。


今の時間は充電期。

ただただ耐える充電期。

落花生をかじりながら

はやる気持ちをなだめつつ

爪を研いでおこうと思います。

それでは!
category
雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。