Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

たまさかな逢瀬を。


こんばんは~こくうです。

なんだか眠れないので「よしっ茶碗挽こう」と

工房に向かいました。(午前0時30分)

土の様子はどうかと触ってみます。

130531_0034~01

柔らか過ぎるので…粉末の山土を混ぜて固くします。

130531_0042~01

切ってみます。

130531_0053~01

固さもほどよくなってきたので、ろくろに据えます。

一個目は失敗…うぅ~ブランク長すぎたかな~。

気分直しに中島みゆきをかけて、タバコを一服(笑。

勘が戻った頃に終了しました。

130531_0130~01

土が柔らかくて、板に置いただけで口縁が歪みます。

ワザとじゃありません。

久しぶりの百草な感触を堪能しました。

志野茶碗には柔らかめの土が合うように思います。


もちろん菊練りなどしていません。

スライスしたものををトントンとまとめただけです。

芯は出しづらいですが、土のうねりと言うか

自然な歪みが欲しいので、あえてです。

そこが実は重要なところかと思います。

ズレすぎると崩壊してしまいますが

きっちりしすぎていても面白くないので

挽きながら気持ちはズレろ~ズレろ~です^^。

穴を開けてから3手で15秒ほどと思いますが

その間は土と対話を楽しむ濃密な時間です。

こちらのわがまま、ばかりではいけませんし

あちらの言い分もあるので…

難しくて楽しい対話でした。

明日には削りにかかれると思います。

でわでわ!

いつも応援頂きありがとうございます。




にほんブログ村
スポンサーサイト
category
志野

疑いの眼差し。

こんばんは~こくうです。

今日はヤキモノづくりについて書きます。

以前も書きましたが、私はほぼ独学、我流でやってます。

なので技術書や参考書などは読みあさっていた時期がありました。

たくさん読んでるうちに思ったんです

その本の著者と同じ様なモノしか焼けないだろうと…

少なくともそれを超える事はデキナイ。

それからはどんなに魅力のあるタイトルでも

読まないようにしています。


よく陶芸書などに、書かれているんですが

菊練りを十分に、とか素焼きは800℃でとか、

ろくろは手水を沢山つけてとか、窯は湿気を嫌いますとか

ありますよね。

定石というか定説みたいな物…。

あれを私は疑うんです、全部。

間違いでは無いのでしょうが本当に最善なのか?

それで逆のことをワザとしてみたりしました。

結果は、と言いますと全部しなくてもちゃんと焼けます。

その通りやると、私の目指す古陶からは

どんどん離れて行くような気がするんです。

そう思えてなりません。


特に真空土練機を通した粘土…あれはつまんないです。

使うとしても、そのままでは嫌なので

私は粘土をスライスし乾かしてから細かく砕き

もう一回練り直して(この工程で何か混ぜる事がほとんどです)

使っています。

これからも常識を疑い取り組もうと思います。


誤解されるといけませんので…

あくまでも私の目指すものは古陶です。

なので古陶に迫られている方の、書かれた技法書などがもしあれば

買い求め参考にさせて頂くつもりです。


でわでわ!

いつも応援頂きありがとうございます。




にほんブログ村
category
雑記

志野土と長石釉。


こんばんは~こくうです。

久しぶりに何かろくろで作りたいなと思っています。

去年?志野用にと、練り直した土がありますので。

あの土はもぐさ再生土(ごちゃ混ぜ^^)に

備前の原土を1~2割ほど混ぜた覚えが…。

はい産地がバラバラの土づくりです。

私は全くの我流なので目的の感じが出せる

可能性があるならば何でも混ぜます。

そんなのは邪道と言われそうですが…。


もぐさ系は何種類か焼いてみた印象として

鉄分が少なく緋色も出しにくい焼き締まらない土

こんな印象です。


もちろん美濃に行ってあちこち掘ってたら

素晴らしい原土はあると思います。

いや絶対にあります。

でもそれは、今ちょっと無理なので

土に欲しい要素を加えてみたんです。

目標はハッとするような緋色と少しの焼き締まりです。


あとの問題は長石なんですよねぇ。

何種類か熊谷陶料さんで買おうと思います。


手に負えないような活きの良い材料と

出会えればとワクワクしてます。

でわでわ!

いつも応援頂きありがとうございます。




にほんブログ村
category
志野

本物保証?。


こんばんは~こくうです。

ブログ更新を再開したものの

私のネクラな成分が無意識に染み出しているようで

書く記事がついつい暗くなってしまい申し訳ありません。


綺麗な文を書かれる人の精神はやはり綺麗で

暗い文を書く人はやはり…なのでしょう。


今日こそはパッーと明るく楽しく書きますよー。

私はヤキモノが好きなのでヤフオクでも

やっぱりヤキモノを見ます。

ちなみに備前 唐津 李朝 美濃ものをよく見ますね。
 
売り買いは、した事ありませんが

いいなぁと思う物は終わるまで観戦したりします。

新古真贋入り乱れていますので、そこがまた楽しいです。

まぁそれも含めた世界でもありますしね。

はっきりと違うイケナイ物でも行くときには

かなりの高値で落札されていたり…。(贋作としては)

イケナイものを出す人は同じ事を繰り返していますが

不思議ですが長く続いてますね。(10年以上の人もいます)


でもたまに良い物が出てまして

李朝の白磁杯だったんですが25万位で落札されてました。

あれはちょっと欲しいなと思いました。

多分良いモノだったんだと思います^^。

でわでわ!


いつも応援頂きありがとうございます。




にほんブログ村
category
雑記

白い骨。


こんばんは~こくうです。

今日父の葬儀でした。

火葬場に行き父は骨になりました。

長い箸で骨壷に骨を収めながら、火葬場のおじさんの

場馴れしてて達者すぎる説明を聞いてました。

達者な説明は聞いてないふりをして考えてました…。


これが人の最後の姿なんだなと

私がこの姿になるまでに何が出来るのか。


箸で突けばガサガサと崩れる骨。

この脆く白い骨以外に何が残せるか…。

もし私に骨になるまでの猶予があるとすれば

出来るだけの事はしようと。

何かを残したいと。

そんな事考えてました。

いつも応援頂きありがとうございます。




にほんブログ村

category
雑記

陶材屋さんベスト3ご紹介。

こんばんは~こくうです。

ちっともヤキモノの事を書けていないんでたまには…。

ヤキモノの材料屋さんの事でも書きます。

今日は少しこだわりを持って作陶したい方向けに

陶材屋さんを3軒ご紹介いたします。

まずは熊谷陶料さん、有名な所ですがまぁ最初ということで。

熊谷さんと言えば美濃焼き(志野 織部 黄瀬戸など)の材料が非常に

数多く揃っていますね、例えば志野の長石釉だけでも100種はあると思います。

月末払いなのも(振込伝票?)私的には高評価^^。


続いては西浦商事さん、数多くの原土を揃えられています。

掘ったまま、そのままの状態で手に入ります。

原土がたくさんある西浦商事さんには、いつか直接お伺いしたいです。

私がサイトでテストピースを見て欲しいなと感じたのは

G177 G503 G191 G501 G193 G174の6種類です。(焼いてみたい!)

普通の練ってある土もあります。

あと中古の陶芸用品(窯や窯道具他にもロクロとか)も扱ってます。

陶芸用品は、お高いものが多いので、必要なものがあればお得だと思います。

最後は松貢陶土さん、唐津の粘土や磁器土も扱われてます。

唐津系の土は販売している所も少ないのでありがたいです。

価格も良心的な方だと思います。


以上ざっとですが紹介させて頂きました。

ちなみにアフィリエイトではありません(笑。

ただ私が検索して買ってみて拘わりが感じられた陶材屋さんです。

どのお店も多分ネットだけでは注文出来ないと思います。

(西浦商事さんはネット注文可能だそうです。シェラさんありがとうございます。)

興味ある方は電話をおかけになって下さい。


是非好みのモノを見つけられて、オリジナルな

あなただけのモノが焼けますように。

でわでわ。

いつも応援頂きありがとうございます。




にほんブログ村
category
陶材屋さんのご紹介

ヤキモノ談義な思い出。


やっぱり勇気を出しブログを更新して良かったと改めて思います。

昨日は暗~い話題で申し訳もありませんでした。

あれじゃーコメントもしずらいッスよね…。

ただ事実として書き留めておきたかったんです。


更新滞っていた時でも拍手や暖かいお言葉とても励みになりました。

検索でいらした方々の存在も大きいです。

ありがとうございます。


ヤキモノは私から切り離す事は出来ないので

また何か作ろうと思ってます。


話は変わりますが

以前mixiをやってました。

あまりにも重いので止めましたが(笑。

そこで知り合った方がいます、その方は九州から奥さんを残し

陶芸センターで学ぶために、はるばる岡山の備前市に来てます。

並みの覚悟ではできない事ですよね。

一度食事でもという事になりゆっくりとお話することが出来ました。


ヤキモノ談義に花が咲き気がつけば夜中になってました。

大学の時にあの吉田明様のところで習われた時期もあったそうで…

いいなぁいいなぁと本気で羨ましかったです^^。

でわでわ。

いつも応援頂きありがとうございます。

いま100位くらいですがまた参加します~。




にほんブログ村
category
雑記

たいへん

ご無沙汰しておりました、こくうです。

お店の件も流れてしまいました。

こちらがお願いする立場だったので仕方ないです。

応援下さった方々に申し訳なくて

ご報告しなければと思ったのです。

すみません。


それと今ひとつ

今日未明父が亡くなりました。

肝臓を悪くして長い入院生活でした。

享年68。


父はいつも威張っていて、癇癪持ちででした。

イメージとしては三国志の張飛です。

私が子供の頃はいつも父の顔色を伺いながら

また怒鳴られるのかな叩かれるのかなと

怯えて過ごしていた事を思い出します。

とても嫌な思い出です。

兄に最後くらい看取ってやれと言われましたが

私は病院に行きませんでした。

世間様では親不孝者と言うのでしょうね。

親を亡くすると泣くものだと思っていましたが

涙は出ませんでした。

なぜ涙が出ないのかは自分でも、よう分りません。


明日は通夜で明後日葬儀の予定との事でしたので葬儀には行きます。

骨の拾い方が悪いなどと、どやされる事ももう無いですから。


それでは。



category
雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。