Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

夢みた人たちのキセキ。


こんばんは~こくうです。

今日は水素の事について書きます。

面白いニュースを見ましたこちらです。

水を「燃料」に変換:安価な触媒で←クリックして頂くと別窓で開きます。

私は子供の頃から不思議で仕方ありませんでした。

水はH2Oと習いましたHは水素Oは酸素と…。

水をど~にかひっぺがすことさえ出来ればと…。

今のガス類や原油などのエネルギーなど使わないでも

済むんじゃなかろうかと…。

なんで作らないの?なんで?

こくう少年は少し熱っぽく色んな大人に聞いたのです。

とうとうまわりの大人の人からは納得のいく

説明をしてもらえませんでした。


それから時は流れ…電気自動車が注目され

各社が研究開発を始めプリウスが発売のころ

私は水から水素って作れんのんかなぁと思ってました。

水が燃料で車の中で水素を分離するみたいな。

今度は冷ややかにお前が考えるくらいの事は

もう誰かが考えていて出来ないから出来てないのだ。

そう言われるのがオチだと黙ってました。

しかしどこの誰かは知りませんが

必死で研究し成し遂げたのですね~!。

すごい凄いヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ すぅごぉいいぃぞぉお!。


これで原油をめぐる争いが無くなれば良いのですが…。

私の生活で言いますとどこかの金持ちが

投資して原油価格が上がったり上がったり

そんな事も無くなって1リットルの価格が

早く下がればよいなぁと。

すっかり夢を見なくなったおっさんは思うのです。

あっ水素窯なんてモノも出来るかもですね~。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
スポンサーサイト
category
雑記

にやにやぶつぶつ。


こんばんは~こくうです。

今日は朝の9時~16時までひたすら挽き続けまして

まぁ途中で1時間は休憩してますので実際は6時間です。

6時間で挽いた数は170個でした。

手の形と手順が決まってしまえば早いです。


今までの悪癖がはっきりと分かったのは収穫でした。

手順に無駄な動きが多かったです。

これなら何とかなりそうと思えたので

稽古を終了しました。(ちょっと飽きました^^)

後は窯元さまが、私に依頼するかどうかです。

これは考えても仕方ないので忘れておきます。


あれほど苦手だった数挽きがあっけないほどに…

ひょっとしたら色んな土を挽き比べているうちに

少しは手の感覚が良くなったのかも知れません。


粘土の性質はその土によってかなり違います。

コシがない土や逆にコシが強すぎる土…

粒度が粗い土やキメが細かい土…

上に上げるのは楽だけど寄せるとよれてしまったり。

開くとパサパサと割れてしまったり。

どれも私はニヤニヤと楽しんでました。

「うお~あぶねッ」「あっごめんッ」…

ニヤニヤしながらブツブツと一人で。

知らない誰かが見てたら「あぶね~のは、おめ~だよ…」。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

良い稽古に。


こんばんは~こくうです。

今日は窯元さまとの打ち合わせというか対談&面接?でした。

窯元さま「え~こくうさん、この商品をろくろで挽いてみて下さい。」

私「はい!ここをこうこうこうですね?」

窯元さま「はい、そんな感じで、じゃあ3時間後位にまた来ます。」

私「うぅ~ここをっこうこうこうっ!」※くりかえし。


約50個位挽いたところで、窯元さま登場。

板の上の商品を見て一言

「ちょっと粗いな~。」

「でももう少し手が慣れれば大丈夫かな~?」とも。


一ヶ月後、私に頼むかどうか決まるそうです。

大まかな話では納期が6ヶ月で数は7000個!。

作品は焼き上がりまで私が行います。

え~と1日に50個として…月に1500個

1500個×5ヶ月=7500個。

1日100個は挽く必要があります。(削りや焼きの工程も有るので)

う~~ん是非やらせて下さいとは言いましたが…。

ホンマに出来るんか?こくう…。


正直、軽一台分の料金は魅力的ですし…。(一番グレードの低いモノです)

前向きに考えれば数挽きの良い稽古になります。

明日も練習しに工房へ行ってきます!。(目指せ100個)

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

あこがれとゲンジツ…。


こんばんは~こくうです。

今日は黄瀬戸の事を書きます。

まずは画像をご覧下さい。


130217_2350~02
130217_2349~01
130217_2349~02
130217_2350~01

土はもぐさ土を2種類混ぜてます。

その中に砂分を2割りほど混ぜてます。

ほぼ酸化焼成で1250度だったと思いマス。

縮緬皺(ちりめんじわ)は良く出てくれました。

次は油揚手の釉も作りたいと思います。

もっと黄色が濃くて、カセた様なものを…。


大好きな作家さまの一人に

「原 憲司」さまがいます。

黒田陶苑さまでの個展案内写真です。

黄瀬戸で有名な方ですが瀬戸黒も志野も

とても良いものを焼かれています。

つくる陶磁郎45巻付録のDVDは原さまが

ろくろ成形 削り 仕上げをこなしながら

インタビューにも答えておられて…大変勉強になりました。

多分100回は見てます。


お金があったら買いたいと思う作家さまです。

貧乏なので買えませんが…。

いつか私の手であんな素晴らしいヤキモノが

生まれたらと…夢見てしまいます。

鈍くさい亀ですがのろのろと歩いて

イキマスのでこれからも宜しくお願いします。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
黄瀬戸

緋色いろいろ2。


こんばんは~こくうです。

今日は緋色について少し書きます。

hiroさんから昨日コメント頂きました。

緋色が出したいのですか?それならば陶芸用アルカリ水溶液で…。

hiroさんコメントありがとうございます。


緋色…確かに魅力的なモノです。

備前のヒダスキも、志野の釉際やぬぐった後の緋色も

無いよりかは、あった方が嬉しい。

これからも追い求めると思いマス。


hiroさんのコメントにお返事を書きながら

本当は何がしたかったんだっけ?と思い頭の中を整理してみました。

ユーチューブでLisaさんの窯焚きを見てアルカリ水を窯ん中に入れてて…

なんだっ!これはってなりまして

その意味を考えると、やはり薪窯(穴窯)の

上がりを目指しているように思えた。

アクの強い水蒸気が作品に当たり、緋色や

味を与えているように感じました。


それから、この焚き方を備前や志野そして李朝で試したい!

との結論に至りました。

試す以上は自分のデータというか自分の物で…残したい。

という訳で市販の緋色水?は中身が分かんないので

使いたくないのです。


ナトリウムとカリウムでも違うでしょうし

化合の状態によっても(水酸化とか炭酸とか)違いそうなので。

緋色の色ってそのわずかな差が実は大事なんじゃないかって思うんです。

なのでそれを何種類か試してみないと

納得がいかないというか何と言うか…ふじこふじこ。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

緋色いろいろ。


こんばんは~こくうです。

今日は久しぶりにヤキモノの話しです。

以前、衝撃の窯焚き2。と言う記事を書きました。

水酸化ナトリウム水溶液を窯の中に

ちょろちょろと入れてましたね。(kakuwaさん有難うございました)


さてこの水酸化ナトリウムなんですが…

かなり強いアルカリなので水に溶かす時

何リットルに対して何g?…。

つまりどの程度のphが必要なのか

全然分かってません(´・ω・`)ショボーン。

以前ソーダ灰(炭酸ソーダ)で試したモノがこちらです。

130212_1550~01
130212_1550~02
130212_1551~02

備前の原土にソーダ灰飽和水溶液を塗り

中性炎でたしか1250度焼成だったと思います。

水玉模様になってますが、塗る時は

生地まんべんなく塗っています。(見込み側のみ)

面白い模様ではありますね。


緋色はナトリウムでもカリウムでもカルシウムでも

出すことが出来ると私は思います。

緋色をコントロールする事は難しいですが

理想の色や雰囲気を目指して

テストをして行きたいです。(水酸化ナトリウムもそのうち)

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
備前

匠は海を越えて…。


こんばんは~こくうです。

今日はテレビを見てました。

番組は「和風総本家」←クリックして頂くと番組HPが別窓で開きます。

私の地域では土曜日の14時から再放送してます。(先週分?)

今日見た内容は「フルート」の製造会社さん

埼玉県狭山市「三響フルート」さんで手作りされてます。

日本製のフルートは最高品質と言われているそうです。

あのウィーンフィルで使われている「24金製フルート」も

こちらで作られたモノだとかすごいすね。

ちなみに製造部長はウィーンフィルに憧れていた元フルート奏者だったそうです。

私は彫金にも興味があるので製造過程を

見る事が出来て幸せでした~。


お次は「刷毛」です。

オーストリア ウィーンの名画修復師が20年使って

「壊れない」と仰ってました。

この刷毛じゃないと出来ない工程もあるそうで

しなやかで強い品質が伝わって来ました。

作られているのは大阪市都島区の刷毛市さん←クリックして頂くとb(ry。

刷毛の根元を縛る工程では

絹糸を500本撚ったモノ(三味線の弦)を使うそうで

これに勝る糸を見たことが無い!と

主人が言い切ってたのが印象的でしたね。


今回もモノづくりの奥深い所まで見せて頂きました。

皆さんのこだわりや情熱は

確かに伝わりそして海をも越えて…。


レーダーの精度や庭に入っただとか入らないとか

あんなモノつくるよりも、もっと豊かな

切磋琢磨があってもいいのになぁ。

そこで競えば地域や国が穏やかに

そしてみんな幸せに…。

そんな事を世間知らずな小僧は思うのです。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

何を切るのが正解?


こんばんは~こくうです。

今日はフラッシュゲームの紹介です~。

実は私、大のフラッシュゲーム好きなんです。

無料でかなりの完成度なゲームが楽しめるなんて

ファミコン世代の私からするとウソのようです。

今日は麻雀のゲームを一つ

と言いましても麻雀の練習用?な感じです。

使用する牌はソウズのみっ!

しかも対CPの二人打ちっ!

5順で流局っ!

はい要するにチンイツを楽しむゲームです。

良かったらお試し下さい~。

(もちろん無料ですし登録とかもありません)

麻雀ゲーム←こちらをクリック頂くと別窓で開きます。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

時は流れても…。


こんばんは~こくうです。

今日かぶき者について書きます。

私の勝手なイメージでは無法者とか

奇抜な衣装をまとった役者?という認識でしたが

いろいろと調べてみると知らない事も多く

思わずへぇ~とつぶやいてしまいました。


時代は江戸初期から現れ始めたらしく

熱田神宮には「生過たるや廿五(25)都築氏」

と書かれた朱鞘の太刀が残っているそうです。

他にも「いきすぎたりや廿三、八まんひけはとるまい」「豊国大明神臨時祭図屏風」

廿五迄いき過ぎたりや、一兵衛」「当代記」など

当時の若者も過激にツイート…。


戦乱の世が終わり行き場のない

「武」そして「有り余るエネルギー」…。

生まれる時代は今じゃ無かった感…。

ホントはもっと違う見方もあるでしょうけど。

この悲しくうねるような感情は爆発的な「何か」を

持っていると思います。


それにくらべて…私はへなちょこ侍です

弱っちくてせせこましいもんしか出来ません。

(自分でもイヤになります)

でも死ぬまでには

「いきすぎたりや廿三、八まんひけはとるまい」

こんな感情が乗った茶碗が一つ出来たらなと思うんです。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

お人柄と作風。


こんばんは~こくうです。

今日はブログのご紹介です。

日本ブログ村の陶芸カテにてお見かけして以来

すっかりハマッてしまいました。

この方は「黄伊羅保」「柿の蔕」「斗々屋」などの

制作をされています。

どれも難しい世界ですね…

私も憧れはあるのですがなかなか…。

土や釉そして造形、細かいテクスチャーにまで

こだわり抜く…

そんな姿勢にですね、私もやらねば!とか共感とか…。

失敗談も赤裸々に綴る文面には

実直なお人柄も伝わってきます。

この様なブログこそ人気に、いや大手になるべきだと私は思います。

そんな「∴ん窯やきもの山房 里山暦」さんのブログは

こちらからです。

私も李朝ものをもっと焼きたいです。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

どこまでも高く。。。


こんばんは~こくうです。

今日はyoutubeから動画の紹介です。

ロクロの達者な方…いるもんですね~。

約4分30秒の動画です。



ロクロは左回りですね~粘土は5キロくらいでしょうか。

28秒~32秒の手の形と動きが特徴的だなぁと思いました。

穴を開けて一回目を上げる最初のところがもう上手いです

1分27秒~の外の手の受け方も力強く効率的ですね。

途中からコマ画像になりますが工程は良く分かります。


基本の筒型と言いますが…ここまでの事ができるんですね。

基本の重要性を改めて痛感致しました。

これだけ挽けたら楽しいでしょうね~。

しゅっ修行に励まねばっ!。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
轆轤(ろくろ)について

王羲之さま。


こんばんは~こくうです。

今日はNHKで王羲之さまの番組を見ました。

王羲之さまの詳細はこちらで(ウィキペディアが別窓で開きます)。

書聖と呼ばれ書を芸術にまで高めた人

くらいまでは知ってましたが

さらに詳しく学ぶ事が出来ました。


番組の内容は

頭の良さそうな方が臨書をしたり

輪郭を写し取りその中を塗りつぶしたり…

してましたね。


真剣に再現を目指すその姿を見ていましたら

書の世界もヤキモノの世界も

似ているのだなぁと思いました。

憧れから 目指し 創作へと…。


憧れや感動は間違いなく制作の

大きな原動力です。

良い物を多く見てたくさんの

刺激を受けて行きたいです。

130202_1639~01
手持ちの五體字類より

眺めてるだけで楽しいです^^。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

お陰様です。


こんばんは~こくうです。

今日は嬉しいお知らせがあります。

ななんとブログ村の陶芸カテゴリで

IN OUT共に一位になりました~。(こんなブログで良いのですかね~?)


それもこれもここに来て下さる

貴方さまや貴女さまのおかげでございます。

改めてお礼を申し上げます。


今思えばイケナイ事と知っていながら

些細な事がきっかけで…

ほんの出来心だったんですっ!

なのについ魔が差してしまって…

何となく興味本位で始めてしまいそのまま惰性で…

今ではブログをチェックしないと

食事も喉を通りません。

アホな事ゆうてますが出来るだけ

頑張って行こうと思っておりますので

どうぞお見捨てなくお願い致します^^。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村

category
雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。