Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

値下げのお知らせ。

こんばんは~こくうです。

今日は失礼して宣伝を…。

今ネット販売をしております。

iichi(いいち)
クリックして頂けると別窓で開きます。

値段を下げて出品中ですので宜しければ見てやって下さい。

この先食器(皿とか)も順次出品していく予定です。

少しでもお安く提供出来るように、これからは

桐箱はつけないで出品しようと思っています。

桐箱を希望される方には約2週間かかりますが

(桐箱屋さんの注文状況によって変わります)

お付けする事も可能です。


これからも宜しくお願いしますm(_ _)m。

こくう

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
スポンサーサイト
category
雑記

いつもの味…。

こんばんは~こくうです。

昨日はしょうもない絵をお見せしてすみません。

お詫びにネットで拾った画像を…。



定食屋のメニュー

月曜は洋食です。

火曜はハンバーグらしいです。

水曜は天ぷら~。

木曜は中華っス。

金曜はフライデー…。

土曜日はスパゲティー。

是非金曜日と月曜のメニューを見てみたいです。

土曜はもういっその事イタリアンの日でも良いのでは?。


想像してみました。

月曜は多分カレーシチューハヤシが週替わりかと…。

金曜は…花金ですからね~きっとゴージャスなおかずなはず…

フライ5種盛りでは如何でしょうか?。


メニューを考えるのも大変でしょうね~。

毎日違うモノを作ってそれを売る…。

そこにはたくさんの経費がかかり

提供する側の負担になるんでしょう。

是非とも頑張って頂きたいですね

名前も知らないご飯屋さん。


私の母も喫茶店をテナント借りてやってました。

15年くらいやってたと思います。

コーヒーを出しながら日替わり定食などもありました。

カツ丼は手間がかかるので面倒だと愚痴ってましたね。

忙しい時にカツ丼の注文が入ると何故か売り切れになるそうです。

良い思い出です。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

へうげものにエールを。

こんにちは~こくうです。

今日は漫画「へうげもの」ネタを…。


へうげもの14巻からの引用です。
クリックして頂くと拡大でご覧になれます。


はぁでけた…。

色々と突っ込みどころが多いですが

まぁお許し下さいませ。

お絵かきエディター初めて使いましたが

激ムズですね~。

(ずいぶん原始的な国っスねぇと書いてるつもりです)


当時(1600年)ヨーロッパからも貿易船(宣教?)が

来ていた様ですがあちらの方から見れば

まさに廃棄処分な出来損ないに見えたと思います。

ゆがみを楽しみその姿を喜ばしく思うのは

日本独特の審美眼でゴゼマス。


ちなみに絵で書いてるのは鼠志野鉢のつもりです。

もちろん山田芳裕様はもっと×2お上手に書かれています。

このへうげものが発表されてから

織部やその創作品が話題になる事も

増えたように思います。

私にとってはとても嬉しい事ですね。

山田芳裕様これからも良い作品を作り続けて下さい。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

口造りって…。


こんばんは~こくうです。

なかなか更新が出来ずすみません。

今日は久しぶりに焼き物の事でも…。

以前からですが作品の口造りって

ホント難しいなぁと思っています。

一つの例として私の焼いた物を…

130127_2349~01
130127_2350~01
130127_2350~02

上から井戸、粉引、備前です。

口造りを見ればその方の個性や特徴

もっと言ってしまえば理想や精神までもが

見えてしまいます(見えますミエマス)。

ですので非常にデリケートな作業ですね。

人気のある作家さんや過去の良い物などは

ほぼ例外なくバランス良く品がありマス。


対して私などは…

なかなかカタチにならない時など

なんだかなぁとロクロの上でクチャッと

つぶす事もありマス…。

でもその難しさ故に楽しい作業でもありますね。

さらに深く追求していきたい課題です。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村

category
雑記

先ほど…。


先ほど…神戸の社長様から連絡がありました。

お話を聞いてましたら

「素焼きまでの制作をお願いしたいのですが」

私「はいっ何でもさせて頂きます」

「後ほど工房にお伺いします」(日程は決まり次第)

私「…はぁはい」(掃除をしないといけないなぁ)

「3月になるかもしれないですが宜しいですか?」

私「はいっお待ちしています!」。


面接の時に委託でみたいなお話も出てたのですが。

まさかの展開に驚いています。

わざわざ岡山まで来て頂くんですから

頑張って掃除しますっ。(片付くんかな?)


まずはご報告までという事で。

良い話になればいいなと思います。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
陶芸家の本当の話

人を見る目がお有りのようで。

こんばんは!こくうです。

ご報告をしなければいけませんね。

神戸の仕事ですが…

落ちちゃいました~あれ~おっかしいな~。

う~ん使ってもらえませんか…そうですか。

面接で落ちたの初めてです…。

という訳でまたまたバイト探し中です。

コミュ障なのでぼっちなバイトがいいかなと。

しかし年も年ですし頭も体も弱いのは大きく不利ですね。

一応2件ほど耐えられそうな所があったので

申し込んでみます。

またブログでご報告致します。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
陶芸家の本当の話

衝撃の窯焚き2。


こんばんは!こくうです。

前回に続きましてLisaさんの窯焚き考察をします。

kakuwaさんから窯の中に入れていた水の正体はNAOHとの

暖かいコメントを頂きありがとうございます。

いや~ブログにアップしてみるもんですね。

ありがたやありがたや。


さてこのNAOHですが水酸化ナトリウムとか苛性ソーダとか言うものです。

性質は…水に濡れた手で触るとヌルヌルと手の皮が溶けます…。

強アルカリ性ですね。

アルカリやカリは焼き物する人は馴染み深いと思います。

土や釉を溶け易くする働きがありマスね。

塩化ナトリウムも同様です。


と言う事は動画のLisaさんは苛性ソーダ

による緋色を狙っていると思います。

でもこれだと塗るか浸けて焼いても同じ効果出ますよね…。

還元は薪入れしてたからわざわざ塩素ガスで

しなくても良いでしょうし…。


すみません塩素なんてどこにも無いですね。(2月12日訂正)

アルカリな水蒸気を当ててやる事で

穴窯の様な効果を狙っているのでしょうか?


湿気ってのも個人的にはかなり重要なポイント

だと勝手に思っています。

とにかく一度試してみたいと思います。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
窯焚き

衝撃の窯焚き。


こんばんは!こくうです。

今日は動画の紹介です。

私にとってはすごく衝撃的な動画でした。

約25分と長いですが宜しかったらご覧下さい。

インタビューの意味がわかるとさらに

勉強になるのでしょうが訳分りません。





サムタイムときどきは何かするみたいですね。

チョウチョとパピヨンがいっしょに飛んだりするのでしょうか

すいません…。

何やら荒川豊蔵さまに影響を受けた様子です…

そういえば志野っぽい白釉ですね~平津の様な感じ。

最初の蓋物やカップはまるで隠崎さまのようです。

でかい窯が沢山写ってますが手作りなのでしょうね。(すごっ!)

釉掛けの場面も流れを意識してますね~

しかも重なるといじけて見えるので

一瞬の瞬間芸…このへんは日本的な感じ。

後は灰を降り掛けたり

ツクもなんだか似ていますね。


一番驚いたのは窯焚きの最中に

何の溶液か分かりませんが

ちゅるちゅると注いでいます!。

何の効果があるのか考えてみました。

窯の内部の溶け具合からして(あまり溶けていない)

塩水とかではないようです。

焼き上がりを見るとしっとりとややマットな表情です。

ピカピカした上がりを嫌っての水入れでしょうか?

降り掛けの小壺も胡麻?が濃厚でまるで古陶のようです。

粉引の皿の様な物もかなり良い味です。

緋色も生き生きとしていますね。


私の目指す古陶は山の中に作品を重ねて焼いてます。

山の土は多くの水分を含んでいたと推測されます。

言葉も通じない外国の方からヒントをいただくとは…。

水入れ…試してみる価値は大いにありそうですね。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
窯焚き

白洲正子さま。


こんばんは!こくうです。

今日はブックオフに行って来ました。

美術関係の本が割と安いので定期的に行ってます。

こんなの買いました。


130118_2221~01

白洲正子”ほんもの”の生活。

白洲正子さまの詳細はwiki

一部wikiより貼ります。

薩摩志士で伯爵樺山家に生まれた自らの性質や、その出自を生涯を通じ強く意識(その事で夫次郎と口論となり張り手をしたこともあった)した。

幼少期より梅若流の能の舞台にあがり、能に造詣が深く、青山二郎や小林秀雄の薫陶を受け骨董を愛し、日本の美についての随筆を多く著す。梅原龍三郎や、晩年は護立の孫で元首相の細川護熙、河合隼雄や多田富雄などの理系学者との交友もあった。また名人といわれた能楽師・友枝喜久夫の仕舞の会を自宅で開き、演芸研究者渡辺保も参加していた。

1980年代から1990年代にかけ、古典美に興味を持つ女性たちを中心に、カリスマ的存在となり文庫再刊も含め多くの著作が刊行され、没後も人気は高く著作が再編本・新版で出版され続けている。

墓所は夫次郎と共に兵庫県三田市の心月院。


内容は非常に楽しめるものでした。

「目利き」の言葉ですからやはり重みがありますね。

青山二郎さまとの逸話や独自の理論も

豪快で繊細な「白洲正子」が感じられ

親近感が湧きました。

収集品の写真も豊富です。


内容のうっすいブログにもかかわらず

ご訪問下さり大変励みになっております。

ありがとうございます。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
本など

進化と退化?。


こんばんは!こくうです。

今日は面白い画像見つけました。



出典ハイライトメンソールさんがアップロード2
出典ハイライトメンソールさんがアップロード

この折り紙の作者は誰か存じませんが

非常にバランスの取り方が上手いと思います。

理論からかなり勉強されていると感じました。

これってアートだなぁと思うんです。

進化にも退化にも見えますし

色んな捉え方が出来ます。

懐古 発展 自立 決別 生と死


凄い人が…いるものですね。

磁器で作ったら面白そうです。

紙に染ましてそのまま焼くとか…。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

一生懸命。


お早うございます!こくうです。

一生懸命て言う言葉がすきです。

ですが今の私は何に対しても

一生懸命ではないなぁと思います。


高校で部活してた頃の方がはるかに

人間としてしゃんとしてました。

私はセンスもなく器用でもないので

部員の中でも下から数えたほうが早いくらい弱かったです。

自分なりに工夫して努力しても

結局勝てんかったですね。

持って生まれた才を恨めしく

思った事もありました。

でも監督御自身の生活を犠牲にした協力と(年間で休みは1月1日だけ)

一生懸命に取り組むヤツを決して笑わない雰囲気は

とても有難かったです。(めちゃくちゃ怖かったけど…)

鈍くさい私が出来もしない逆技(袖釣り込み腰とかw)

をぎこちない動きでバタバタしてても

本人が真剣ならばそれを馬鹿にする人はいなかったです。


面接の結果は今月の20日にお知らせがあるそうです。

結果は分かりませんが一生懸命頑張ります!。

でわでわ!


押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
雑記

根付に思う。

こんばんは!こくうです。

とりあえずヤキモノの巨匠紹介を終えます。

根付はご興味ありますでしょうか?。(根付を押すとwikiに)

私も読んでみますフムフムなるほど。

さすがはウィキ先生お詳しいですね。

江戸初期からなのですね~

もっと前からと思ってました。

戦国の乱世も終わり粋や伊達が庶民まで

広く伝わっていったのでしょうかね。

糸印が始まりなのですね、知りませんでした。糸印を押すt(ry

現代で言うとストラップ?でしょうか。

海外でも熱心なコレクターがいらっしゃるそうです。


グロテスク ひょうきん 写実 空想 エッチぃのなど

モチーフも多種多様ですし収集するのは楽しそうです。

私は根付と言えば懐玉齋様の作品が好きです。


根付作家 楽虫様のブログです。

こちらに懐玉齋様のねずみとうさぎが載ってます。

楽虫様のような正統派な根付作家さんが

いる事になんだかホッとしたこくうでした。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
有難うございます^^
category
雑記

金重陶陽様を見て。

金重陶陽 緋襷徳利
黒田陶苑様より画像お借りします。

こんばんは!こくうです。

とつぜん画像ですいません。

今日は金重陶陽様について少し。

細かいところはこちらwiki別窓で開きます。

この方は作風の変化と共に陶印も変わっていきます。

初期作の分銅印~土点と呼ばれる土の字に点を加えたもの

~少し変化した囲い陶陽と呼ばれるものに

~長ト時代~最晩年の短ト。

普通は初期作の時代のものは評価が低くなるのが一般的ですが

この方の場合土点時代の細工物などいまだに高価です。

どの年代の作でも評価される。

これはホントに凄い事です。



陶陽様の特徴はあまりブログやネットで書かれてませんが

その土にあると私は思います。

(もちろん造形感覚や焼きに対する厳しさも素晴らしいですが)

特に白い系統の土で渋が出たようなつぶつぶが見えるものが

ご本人の狙いどうりの焼き上がりのように思います。

混ぜ込む山土を作品により巧みに使い分け

土味をコントロールする…とても難しい事です。

土味の柔らかさや味わいにおいて

いまだに一歩抜き出ています。


備前焼中興の祖と呼ばれていますね。

本当にその言葉通りだと思います。

地方の焼き物が認知されましたし地元の皆さんも潤いを得ました。

得難い方です。

あっ追記少し書いてます良ければそちらも。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
有難うございます^^
category
雑記

河井寛次郎様を見て。


こんばんは!こくうです。

今日は河井寛次郎様について少し

画像は毎日オークション238号からです。

130112_1657~01
130112_1655~01

河井寛次郎様の説明は割愛させて頂きます。

興味のある方は↓でどうぞ~。

河井寛次郎wiki

河井寛次郎記念館HPへはこちらから。

意外にも作風に悩み苦しんだ時期があるそうです。

超絶技巧の名人と呼ばれても…。

その悩みを柳宗悦氏の朝鮮陶磁と

浜田庄司氏のイギリス製陶器(スリップウェア)

が打ち消したようです。

で新たな作風である今回の「花扁壺」にたどり着いたのですね。

力強い造形の扁壺に掛けられた

黄伊羅保のような釉は李朝の影響を感じさせます。

その上からイッチンで化粧土を搾り出し

大胆で流麗な花文を描き

その隙間を3種の釉で埋めてます。

このイッチンはイギリス陶器の影響でしょう。


遠く離れた作風を巧みに組み合わせ自らの物に…。

私は後からなぞるだけですので

言葉にすればこれだけですが

ご本人は大変な苦労だったと想像します。

偉大な陶芸家の一人だと思います。

でわでわ!


押していただけると励みになります。



にほんブログ村
有難うございます^^
category
雑記

あぁ愛しの…。


こんばんは!こくうです。

今日は電車に乗って神戸へ出かけておりました。

相生駅から新快速で約1時間です。

相生までは車で行きました。

新快速って速いのですね~少し怖かったです。

神戸で無事?面接を終えまして。

結果は担当者様の連絡待ちです。(脈アリな感じ)

どこにも寄らず帰りの電車に飛び乗り

愛しのあの方のもとへ…。

懐かしゅうございます。

ドキドキhshs。

…煮穴子さま。

130110_1912~01

相生の華屋さんの煮穴子!。

形が崩れる限界まで煮たそれは

鍋から出され一度焼き器で焼かれます。

中ふわふわ外サクッ。

運ぶときはそ~っと手で抱え

チャッチャッと握りに…。

至福の時です。



食べ物のブログでは無いですし

宣伝みたいなのはするつもりはありませんが

私もモノづくりの底辺といえど端くれ

真面目な仕事には敬意を払わずには

いられなかったんです。

いつもと変わらず美味しい煮穴子

大将ごちそう様でしたっ。

ちなみにこれとウーロン茶しか注文してません…。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
有難うございます^^
category
雑記

決心。


こんばんは!こくうです。

今日はどうでも良い話を書きます。

仕事探しもそろそろあきて参りました…。

とりあえず2つにしぼって考えてます。

ひとつは岡山のアルバイトで

時給750円~ 週4日程度なお気軽系です。(以下バイト)

もひとつは神戸の窯元さんで

正社員 ろくろ成形職人 月15万~。(以下神戸)

あっ私は実家住みです。

はい所謂アレですね。(以下アレ)


一日でも早くアレな生活を抜け出す為に

神戸でヤキモノの基本と性根を叩き直すか。

それともアレなままバイトでやり過ごすのか。

答えを見つけるまでかなりの時間がかかりました。


なんだか寂しい話ですがこれが現実です。

私は工房を月2万1千円で借りてます。

大家様のご好意で安くして下さってます。

何も作らないときも当然家賃かかります。

金の無い世に行きとうございます。

無名の作家がポンポン売れる訳もなくですね。

食えない作家のゲンジツ…。


明日の朝、神戸に取り敢えず電話してみます!。

とにかく自立する事が先決です。

これが良い転機になるかどうかも私次第だと思います。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
有難うございます^^
category
雑記

仕事探しな日々。


こんばんは!こくうです。

最近求人広告ばかり見ているので

pcで、行くところ行くところで

(フラッシュゲームとか…)

はよう仕事せぃみたいに広告が出てきます。

まぁ探してるんで良いですけどね。

陶芸教室とかで検索したりしてマス。

検索結果が開きます。

岡山で探しても無いです…。

募集締め切りました~とか女性スタッフのみとか

30歳までっ!とかその割には未経験でもok…

う~ん…かくなる上は女装して

窯元の教室スタッフとかもあるんですが

石垣島とか益子のあたりとか

とおいよ…。

もすこし探してみます~。

にいと

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
有難うございます^^
category
雑記

本当の話。


新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

こくう


ブログの更新が滞っておりましたすみません。


備前のぶち割れを見つめながら

今後の事を思っていました。




130104_1829~01
130104_1831~01
130104_1832~01

1255度で焼いてます。

画像はありませんが

徳利の中はぶくが出来ていますので

土の耐火度が限界である事がわかります。

割れの原因は昇温のペースが早すぎた為と思われます。


寒くなってきましたし

ちょっと焼き物作りを休みます。


窯の送風機も、風量が落ちてしまい

焼成雰囲気の調節が出来ず

どうしても還元になってしまう。

今までの酸化不足はこの為です。

このままではまともに焼けません…。


アルバイトを早く探して

送風機を買い替え

春には焼けるようにします。

なんとも寂しい話しですが

若手作家の現実…です。


いつまでもヤキモノで食っていけない

可能性もありますが…

私の生活をそのままに書いていきますので

皆様の暇つぶしにでもなれば幸いです。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
有難うございます^^
category
陶芸家の本当の話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。