Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

チャッチャッチャ~ふふふふふふふん♪

こんばんはこくうです。

今日はこのブログについて…

私がこのブログを始めた理由は3つあります。

1 自分の作陶生活をメモ書き程度に、残しておこうと思ったからです。

2 私の焼き物に対する考えを少しずつ書いていくと、どんな方がどんな
 
   反応をして下さるのか、とても興味があったからです。

3 様々な分野の方といろいろな意見交換が出来ることは私にとって

  とても得るものがあると思ったからです。

まぁ書いて(発信)それについてお話が出来(勉強)人の輪が広がれば

大成功な訳です。

それ以外に目的はありません。

販売をしようとか新規のお客さんを探そうとか考えた事もありません。

生意気ですが…私は自分の焼きもんにまだまだ、納得していないんです。

これは本当にまだまだ届いていない。

窯を開ける度に悔しくなります。

(あっまた暗いブログになりそうです。)

何が言いたいかと申しますと…

売れない焼きもん屋が日々悩みながら

少しずつ成長している、そんなブログになれば…

と思っております。


そしていつの日か…




人気作家になって情熱大陸にでたい!

すいません夢妄想が…

げっげんじつを見なければ…


現実の夢は、若手陶芸家を扱っておられる

ギャラリー様に認めらる事です。

もうちょっと良いのが焼けたら、ギャラリーめぐりして来ます。いざっ!^^

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^
スポンサーサイト
category
雑記

都合の悪い話

こんばんは!!こくうです。

昨日に引き続いてまた粉引ネタです…

粉引といえば雨漏り!

雨漏り手なんて言い方もしますね。

昔の茶人や数寄者がその景色を楽しんだそうでして…

まずは画像をご覧下さいませ。

窯出し直後です。
a 粉引 雨漏れテスト前

ざっと水にくぐらせました。
a 粉引 雨漏れテスト後

水が染みて釉の中の土に入っています。

この変化を茶人や数寄者たちは喜んだのでしょう。

古格が出て来たとかいいます。

古色の美とか…

私も、うつわが日々育ってゆくのを見るのは好きですし

その使い古した味を目指してうつわを使います。

ですが味だ古格だと言いましても

ただのシミ、汚れでございます。

画像の様な食器としましては、いろいろと

都合が悪いです。

一般的には不良品…

う~んこのあたりが難しい所ですね。

かといって貫入もピンホールもない(釉の中に何も通さない)

カッチーン、バーリアみたいなのは、焼きたくないです。

そんなのもありますが…これでいいだろって感じの…あれは違うと思う…ガラスの方が良…

でも今度、粉引を焼くときは釉を、もう少し濃い目にします。

ちなみに私の家は築50年のボロでして。

雨漏り…します。

家…としましてはいろいろと

都合が悪うございます。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^
category
粉引

まだ研究生?

焼き上がりが気になって11時に工房へ行きました。

温度計は150度

革手であちっあっち~言いながら窯出し…。

今日は徳利を載せますね。

a 粉引 徳利

焼けの考察を…

まず土ですが1200度でヘタった様子もないですし、これで行きます。

釉については少し濃度が薄かったかと思われます。

化粧土は色も土との相性も良さそうです。

大きな窯傷もありませんでした。


少し釉の青味が足りないので…また1から作り直すかもしれません。

お楽しみの雨漏れは少し水を塗っただけでポツポツと…

育つのは好ましいですがちょっと染みすぎです。

あっこの変化はまた明日にでも画像で説明致しますね。


なんとか、粉引らしき物が焼けました。

相談できる相手もおらず(備前は焼き締めの方ばかり…)

「くすりゅうかけたもん、やこーやいて」(釉薬掛けた物など焼いて)

と言わんばかりの冷ややかな目線に耐えて。

ようよう焼けました。(笑)


「蜘蛛の網文」も、私の作品の中でこれからも試して行きたいです。

今のところ、他に図案がありませんのでしばらくは、くも推しです。

くもりん くーちゃん くもたん くもも くもみん

 くもちゃ くーもん くもちん くっもー

呼び名が変わると、アイドルグループのようですね~

akb メンバー ニックネーム でググりました。(意外と楽しい…)

でわでわ!

押していただけると励みになります。




にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^
category
粉引

卯~

昨日の夜はなんだか寝付けず…

ふら~と工房へ行き、粉引の白地を見ているうちに

何故か「よし!焼こう。」と思いまして

窯詰めて夜中の2時に火入れしました。

12時に焼成が終わり、パンを詰め込んでブログ更新してます。

約10時間のお手軽な窯焚きでございます。

a 粉引 最高温度

おそらく12時間後には、窯出し出来るかと思います。

写真は撮ってないですが、1時頃の月はとてもきれいでした。

秋月揚明輝(しゅうげつめいきをあげ)

秋ともなれば月青くして、輝きに辺は冴え静まり。

まぁ青くはなかったですが…

黄色かった…

月といえば、よく「うさぎ」がいると言いますよね。

みなさんは「うさぎ」見えますか?

私はどこをどう見たら「うさぎ」なのか

う~さっぱり分かりません。

今日の月にもやっぱりいませんでした…。

でわでわ!


押していただけると励みになります。




にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^
category
粉引

いちごになりたい

焼き物の世界に入ってから早いもので、もう10年位になります。

あんな事、こんな事、ありました。

数年前に桃山時代の焼き物を手に取り、拝見させて頂いたんです。

こんな機会はそうそうありませんから、食い入るように見ていますと…

この焼き物は私にたくさん語りかけて来ました。

「素材が命だ存在感も説得力も…」

「つまらんもんは焼くな」

「おまえは何故焼く?」

「疑え…常識や定石を捨てろ」

約4時間の濃密な時間…

これ以上向き合うと、こちらがまいってしまうので

「有難うございました、良い勉強になりました」と言い

箱に収めました。

この禅問答の様なやり取りが

自己を見つめ直す良いきっかけになります。


ブリーチの主人公一護が精神世界で

自己と戦い卍解を会得した様に…

あの精神世界の描写は見事でした。




一護 卍解
画像は拾い物です、お借りします。

「ばんっかいっ!」

…私はできませんね^^。

でわでわ!

押していただけると励みになります。




にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^
category
雑記

不安な気持ち×2

こんばんは!!こくうです。

今日は化粧掛けしたまま放置していた粉引きに…

透明釉を掛けました。

透明釉と言いましても粉引用のもので

調合は、長石10に灰外割り2の、いわゆる2合灰

灰は薪窯の松灰を使っています。

土灰が一般的だと思いますが

還元の青味と言うか、グリーンが欲しいので

この調合にしています。

まだ窯入れ、していませんが、今週中には焼きたいと思います。

土を変えましたから、へたらないか不安です。

一窯全部が、テストピースと言う…。

蜘蛛の網(くものい)が上手く焼ければ良いのですが…

まぁぼちぼちとやります。


話は変わりますが、今日ラーメンを食べに行ったんです。

「はい!お待ちどうさま!」

やけに元気の良いおばちゃんは

親指を思いっきりスープに入れています…。

つい私が「ぉっおばちゃん…ゆび」と言うと

「あー大丈夫、熱くないから!」

残してもアレなので全部頂きましたケド。

お腹壊さないか不安です…。

でわでわ!

押していただけると励みになります。




にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^
category
雑記

描きたい…

こんばんは!!こくうです。

今日はジョルジョ・デ・キリコ様について…

ジョルジョ・デ・キリコ

1888年~1978年11月20日

イタリアの画家、彫刻家、形而上絵画派を興し

後のシュルレアリスムに大きな影響を与えた。(Wikipediaより)

彼の代表作に「ヘクトルとアンドロマケの別れ」があります。

時代は、遠くさかのぼりギリシャ神話の頃…

智勇兼備のヘクトルと剣豪アキレスの戦い…

死を覚悟したヘクトルは妻のアンドロマケと最後の…

悲しいけれど、はっきりとした命と決意が感じられます。

私の大好きな作品です。

語弊を恐れず申しますと…

無機質で立体的な表現は

写実よりも心を捕え、深く伝わるのかもしれません。

これは焼き物にも通じる表現だと思います。

もっと言えば「キリコもまた織部」。

笑われるかも、しれませんが…

私にはこの絵が織部に見えるのです。

ヘクトルとアンドロマケ

画像は拾い物です…お借りしますね。

皆さんには何に見えますでしょうか?。

でわでわ!

押していただけると励みになります。




にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^
category
雑記

見栄

こんばんは!!こくうです。

今日は友人と隣町のホームセンターへ行って来ました。

私はケント紙と方眼紙、友人はネジを買いました。

ネジは直径6mm長さが100mm程度の物をご所望だそうで

ネジ売り場を真剣に探し回っておりました。

ベッドのぐらつきを直すらしいです。

首をかしげながら品定めを続けている友人に

ちょっと行ってくると告げ

向かった先はアートスペース…

以前から欲しかった水彩用の画用紙を探します。

5種類の中からケント紙にすることに

後はサイズを、決めるのに10分位う~ん×2と悩みましたが

ようようA2サイズに決めました。

同じサイズの方眼紙も一枚買いました。

aケント紙
aケント紙2

A2は420×594です。(額に入れるとF8?F10?)

失敗しても良いようにと9枚買いましたが…

デカイです、大作です、どうしよう…

売り場の素敵なおねーさんに…

見栄を張ってしまった…。

A4でよかったのに…


でもせっかくなんで、なんとか描きます。

でわでわ!

押していただけるとマウスのごろごろがスムースに動くかも知れません。





にほんブログ村


にほんブログ村 
category
雑記

今回の窯(緋襷)まとめ

a 緋襷 ぐい呑み 沓型 正面
a 緋襷 ぐい呑み 沓型 見込み
a 緋襷 ぐい呑み 沓型 高台
 
今回の窯出し記録まとめとしまして

1 すべて原土を用いて、外割りで2割の山土をはたいた段階で混ぜた。

2 最高温度は1165度 ねらしは約30分。

3 昇温は 1時間/100度 で行った。

4 弱還元焼成(1100~1150)

5 焼き上がりは好ましい部分も見られたが、土の反応が良すぎるため

 (温度にも雰囲気にも)制御するのは難しい。

6 土の粒子が細かく、乾燥と焼成初期段階では、注意が必要。

7 割れ(キズ)の確率は25%位。

小難しく書きましたけど一応覚書です。

手触りやろくろの感触など、やはり土は力強く生きていて

素晴らしい表情を豊かに見せてくれます。

原土で引いた白地がまだ少し残ってますので

次は窯変(炭サンギリ)を試したいと思います。

でわでわ!


押していただけるとランキングの順位が上がるらしいのです。



にほんブログ村


にほんブログ村  
category
備前

なにもの


今日は緋襷の窯で割れてしまった、八角面取り徳利です。

a 八角面取り徳利 

a 八角面取り徳利 拡大

仕上げの悪さが、くつきりとはっきりと…

公開処刑ですね~これは…

下手なのは十分自覚しております。

しかし、まぁぶち割れのものを堂々と

ブログにまで載せて、何がしたいんだか…

しかし、私の実力はこの程度なのは…事実でして。

徳利もぐい呑もなんとな~く

窯に入れ焼いてみたら割れてたんですよ~。

紛れもない、事実…。

すべて受け入れ、すべて乗り越えます。


こくうと言う焼きもんやが、居て、生きて、焼いていた。

器用でなくて、どんくさい奴だったが

なかなか面白いもの焼いていた。

そんな風に言って頂ける様

私なりに努力し、きっといつか…

何者かには…なりたいと思います。


ブログを初めて最初の頃

私は自分の良い所だけを書いて

悪い部分や見せたくない部分を

隠そうとしてました。

しかし、色々な方にご訪問頂き

暖かい励ましのコメントを見る度に…

たとえ、辛気臭い、華やかさのない、泣き言だらけになろうとも

私のリアルな姿をお見せするべきだと

勝手にそう思ったのです。


写真も文章も稚拙で

まだ何者、ですらない者のブログですが

宜しくお願い致します。

押していただけると嬉しいです。






category
備前

ピポパポピポピ ポパポポピパ


こんばんは!こくうです。

いきなりですが、私は………


携帯で撮った画像をパソコンに送る時に

eメールで送ってたんです。(ピロピロピーン)

メールの添付画像をパソコンに挿しっぱなしのusbメモリに送って

そのusbメモリからブログの富士山?の様なものを押して…

載せてたんです。

この方法は多分、効率悪いですよね(^_^;)

それすらも良く分かっていないと言う…。

そこで少し調べましたら、usbケーブルwinという物があるとか…

ないとか…

すぐに近くのauショップに行って買ってきました。

これです!

……

なんかmicro sdカードと言うものが、ないと送れないみたいです。

microだからよっぽど小さな物なんでしょうね~。

とりあえず取説を読んでいます。………なるほど


どうも最初から携帯のオプションとして付いていたようです。

しかし、いくら探しても見つかりません。

ないんだから仕方がない。

明日にでも買いに行きます。

しかし…

とても人様にお見せ出来る内容ではありませんね~。

時代の流れは速すぎます、僕は中洲に取り残されている様で…

あぁポケベルが懐かしゅう御座います。

0833731 141064

でわでわ!

押していただけないとパソコンがあっつくなるんです。




にほんブログ村


にほんブログ村
category
雑記

たばこが不味くなる話


今回は、セールストークについて少し。

私も、焼きもんやの一人ですから

多少は出来ないとダメなのでしょうね。

私は、買い物に行った時など

やたらそばに来て、聞いてもいない商品の説明を

じーと聞くのは好きではないので、

上手くお客さんに、話しかけることが出来ません。

そんな私などと違って、まるで役者さんの様に

表情や声色をころころと変えて

お客さんを楽しませている人もいますね。


でもいくらセールストークだから、と言って

それはちょっと、と思ったことがあります。

ある旅先でふらっと立ち寄った、焼き物やさんにて…

その方は盛んに、

「うちの窯は他所より良いから」

「13〇〇度で焼いてるんです」(多分、溶けるかへたります)

「うちは温度計を使いません、機械に頼りたく無いから」(矛盾…)

「〇週間かけて焼いてますから」(知らんがな

「粘土を〇年寝かしているから」(〃)

「松割り木を〇〇〇〇束、使って焼いてます」(〃)

こんな感じで売ってました。(私は客として友人と、そこにいました)

そのお店は何故か忙しい様で、お客さんも多かったです。(立地でしょうね)

お客さんも、紳士淑女な方が多く

名台詞?のたびに、

「へぇーそうですか~」と感心しているご様子。

私は頭痛がしてきたので店を出ようとすると

主人らしき人が、あごで私達を指しながら

「買わねーと思ったよ!同業だろ」

と、他のお客さんに言っていました。(ぎりぎり聞こえました)

私はへぇー、人を見る目だけは、あるんだなと妙に感心してしまいました。

家に向かう車の中、胃がにがって、たばこが不味かったです。(すべて事実です)



物を売る口上もこんな調子で和ませて欲しいものです。

http://www.asahi-net.or.jp/~vd3t-smz/eiga/dokuson8-2.html

さすらいの月虎さんのサイトです。(お口直しに是非ご覧下さいませ)

寅さんの啖呵売はいいですね~。

でわでわ!

押していただけないと正直者はバカを見てしまいます。




にほんブログ村


にほんブログ村
category
雑記

陶芸家の本当の話 その2


前回に続きまして「その2」です。

前々からずっと書きたかった事があります。

それは…

陶芸に関する「しきたり」と言いましょうか

「ルール」の様な事についてです。

その「ルール」に縛られて肝心の焼き物が楽しめていらっしゃらない方が

とても多いな~と、色んなブログを見ているうちに…

何か一言メッセージを伝えたい!と思うようになったんです。(私などが生意気ですが)

ここからは少し批判的な内容になるかもしれません…。

技術的な「ルール」としては…

菊練り何年ろくろ何年…とかなんとか言いますね。

確かにろくろは、その人の感性がそのまま出ますから、

一生かかって覚えるもんだと思います。(単に引けるだけならすぐですが…)

菊練り、私はあまりしません。

全くしない事の方が多いです…

私は干した粘土を粉にし、水を加えて粘土作ったり

真空土練機を通した、市販の粘土も

両方使いますが、菊練りなんかしなくても全然問題ないです。

(磁器は分からないですが、今度試してみます^^)

菊練りすれば、粘土が均一に混ざって、ろくろも

芯が出やすくて効率も良いかも知れません

でも…その先を突き詰めて、行き着く所はなんでしょうか?


超絶技法のろくろですか?

完璧なシンメトリーですか?

それは手仕事(ろくろ)でしか作れないのですか?

これを極めたいとおっしゃるのであれば

どうぞその道にお進み下さい。(これはいらん事言いました、すいません。)

それ以外の方は、そんなに必要でもないと思いますよ。

今回は、菊練りだけで終わりにします。

まだ沢山よく分からない、

「しきたり」があるのですが、また次回にでも。

でわでわ!

押していただけないと今回は作家さんに叱られるかもです…。




にほんブログ村


にほんブログ村


category
陶芸家の本当の話

まずは一献!


こんばんは!!こくうです。

今日は一日、工房で一人…

前回の緋襷、全部にお酒を飲ませて居りました。

ご丁寧に割れた物にまで…

パッと肌の質感が変わるのが楽しくて

お酌をして回るんです。

酔いが回り…すっかり出来上がったら

手で全体を撫で回してですね肌の感触をこう……(自粛)

そんなこんなで日が暮れて行きまして

お腹も空いたし、おうちに帰ろうかなと…仕事してないです、スイマセン。

恥さらしな画像ですが、どうぞ。(割れた徳利です)

a 原土緋襷 阿古蛇徳利 今回の1番 ワレたけどw

a 原土緋襷 阿古蛇徳利 土味全部違う ムズイがいけそうだ

かなり肌が良くなってます。

細かく冷静に観察して見て

この土はやはり土味が良いです。

なんとか私の骨の部分として使えそうです。

問題は割れの多さですが、この際目をつぶります。(補って余るので)

後は…私次第ですね。

まずは適正な焼成温度を見極めたいです。

少しずつですが夢に向かいヨロヨロと歩いてます。

本当に皆様のおかげで歩いて行けてます。(いつも気にかけて頂いて有難うございます)

それからえ~と、原土でろくろの芯がちゃんと出せるようになります…。

でわでわ!

押していただけると蜘蛛の粉引を焼きたくなります。




にほんブログ村


にほんブログ村
category
備前

備前焼のお手入れ方法について

私の場合、日本酒を塗ります。

これについては各作家さん、それぞれの考え方があるようで

中には椿油とかベビーオイル、オリーブオイルなどの

油分を塗る方もいらっしゃいます。

(中には吸水を防ぐ為おも湯で炊いている方も居られるとか。)

この工程によって作品の雰囲気ががらっと変わりますので

とても楽しいものです。

きちんと焼結して中までガラス化(コロイド化?)

していて、指ではじいてカーンと澄んだ音がしていても

やはり磁器ではなく陶器なので、いくらかは吸水性があります。

一般的に陶器は水を吸います。

なので、うつわが良い味に育ちます。

いつも私は、この変化を楽しんで頂きたいな~と思っています。

a 緋襷皿 拡大 酒塗り2日後 

日本酒を塗り自然に乾いた物です。

窯出しの時の肌とは、かなり印象が違ってきてます。

少しは見られるものになった様でホッとしています。

作り手サイドの事ばかり書いてすいません。

ではお手入れ方法について少し書きます。

うつわが育つ…良い意味でも悪い意味でも育ちます。

良い育ち方は、肌がねっとりと、てろってろっで古陶の様な風格と妖艶な魅力があります。

悪い育ち方は、うつわを使って洗った後、十分乾燥させないで

戸棚などにしまい込んだ場合カビが発生して…


これはある意味、陶器の宿命ですので…しっかり乾燥させて下さいね。

梅雨などは、電子レンジで少し温めて乾燥を速める方法も

いいと思いますが…たまに割れます。(私は粉引だったか綺麗にぱかっと割れました)

500wで1分位なら大丈夫かも?(責任は負えません)

それでもカビてしまったら、塩素系の漂白剤に一晩つけて見て下さい。

ほぼこれで綺麗になります。

塩素の臭いは揮発しますので外でも出しておけば

約1日で臭わなくなります。

塩素でも無理だったら、買った作家さんの所へ持っていき

困っている事情を説明して、今度の窯で焼き直してと

お願いすれば…もしかしたら焼き直してくれるかも知れません。

(焼き直せば有機物の汚れは全部燃えてしまいます)

ちなみに…お願い交渉の際、有効だと思われる言葉を考えました。

「気に入っているのでこれからも使いたい」(これは素直に嬉しいです)

「焼き直しに失敗して割れてもいいから」(断れないように逃げ場を無くしてしまいます)

「焼きあがったら友達と見に来ます」(作家の売れるかも欲をくすぐります)

その作家さんの良心と人気度、によりますので何とも言えませんが…

ご健闘をお祈りします。

あーこれも、よう責任取れません。(一応)

でわでわ!

おしていただけると交渉がはかどるそうです。(嘘です)




にほんブログ村


にほんブログ村
category
備前

全部狩って下さい。

いきなりですが私はゴキブリが大嫌いです。

運悪く出会ってしまったが最後…一歩も前に進めません。

あちらも、気づいていてなんだか緊張しているようです。

すぐに逃げてくれれば、嬉しいのですが

何故かどこにも隠れず、ずーーーと私を見てるのがいます。

両者一歩も動けない激しい攻防戦です。

思い出すだけでゾッとします。(鳥肌が…)

でも最近ではそんなこともあまり無くなりました。

理由は猫と蜘蛛です。

猫はうちで5年前から飼ってます。


5年前、真夏に炎天下の中、アスファルトの上に猫が…

私は車で買い物の途中です、ひきたくないので止まっていると

にゃーにゃー鳴いて車の方に真っ直ぐ…こっちに歩いてくるんです。

周りには親も子猫も見えません…放っておいたら多分

私は車を降りました、名前はミーです。

子猫のミーは無事に体力を回復して元気になりました。

ついには野生の本能か、誰にも教わってないのに

がしがしとゴキブリを食ってます。(頼もしい猫です)


もう一つの蜘蛛はこれです。

a アシダカさん


アシダカグモと言うそうです。(大きいものは大体20cm位のを見ました)

我が家ではアシダカさんと呼んでいます。(ペット感覚^^)

この蜘蛛がゴキブリを食べると聞いてから絶対に殺さないように

心がけています。

と言うのもこのアシダカさんは壁などは登って歩くんですが

台所のシンクが登れないらしく、一人アリジゴク状態で

バテバテになっているのを見たらお玉で救出してあげるんです。

ぴょんぴょん跳ねてどっか行きます。

ゴキブリに比べれば結構かわいいので

ゴキブリが嫌いな方は是非お試しを!。

でわでわ!
試していただけるとゴキとあまり遭遇しなくなります。





にほんブログ村


にほんブログ村
category
雑記

きっかけ

過去の自分の記事を読み返していました。

読んでいて…私の弱点が見えてきました。

まぁ前からうっすらと気づいていたのですが

情緒不安定な言動ですね。

何がそうさせるのか…

はしゃいでみたり、落ちてみたり

まるで女学生の日記みたいです。(決して女性を見下した表現ではありません)


ブログと言うものをやってみて気づきました。

クリエーター(物を創造する人)としての資質が

足りていないのです。

良い文章が書けない=良い物が作れない

相手の立場に立った言葉選びも出来てないです。

こういった事を考える良いきっかけになりましたので

やはりブログやってみて…良かったと思います。


重い話しをしてしまいましたね。

今日は根暗バージョンと言うことでお許しを。○┓ペコリ

こんな中途半端なブログに立ち寄って下さって有難うございます。


そして心暖かいコメントや拍手まで頂いて…

今までどれだけ励みになったことか…。(な、泣いてなんかないんだからね!


つまらん男ですが、これからも宜しくお願い致します。

でわでわ!
押していただけるとなんだかほっとします。





にほんブログ村


にほんブログ村
category
雑記

欲張りな〇〇

ヘトヘトだった体も睡眠を十分とり、全回復です。^^

寝ぼけて、もし失礼なコメントしてたらごめんなさい。

いつもですが窯を焚くと、気を張り過ぎてなのか少しおかしくなります。

「先生…私最近…変なんです。」(先生の最後は語尾が上がります)

こんな事書いてる私って…まぁ2日経てば治ると思います。


窯の温度が100度を切ったのでいよいよ窯出しです。

皿です、口径28cm もっと収縮して8寸(24cm)になる予定でしたが

案外縮みませんでした。(山土2割入れたからかも知れません)

a 緋襷 皿28cm

高台脇アップです、もっとクリーム色を目指してます。

a 緋襷 皿 高台脇

ぐい呑みいろいろです。

a 緋襷 ぐい呑み

同じ窯なのに発色は様々です。

a 緋襷 ぐい呑み 拡大

実際に使うときはこれ位の目線で見られるかと

a 緋襷 ぐい呑み 拡大 見込み

あっ徳利3本も入れましたが全部割れてました。((´▽`*)アハハ コマリマシタネ)

今回の窯焚き…予想通りキズが多いです。

キズ対策は山土2割混入でバッチリだと思ってたんですが…

まぁそれは何とかする、としまして。


…昔のテストピースの方が、良く見えるんですよね。

Σ(゚д゚lll)ガーン

もうね焼きもんやが粘土の事を信じられなくなったら一体何を信じればいいんだっていう…

はい白状します、10年間私はたった1回まぐれで成功したテストピースを

自分の実力だと思っていました。

はい、もう一度焼きさえすれば、同じ焼き味が出せると…

それが…出来ないんだから仕方がない。

今思い出したのですが、この頃(10年前)私は、まだ電気窯

で焼いてたんです。

なので当然、酸化焼成でした。

と言う事は、意外にもこの土に限っては

酸化焼成の方が土味が( ・∀・)良い!解決しました。


おーい、八っつぁーん。

そうなんス、アッシャー今回少し欲が出ちまいましてへっへっ

還元かけたんスよ、カ.ン.ゲ.ン.いやー時間にすると20分位ですがねぇー

えー確か上がりかけの1100度…あたりでちょいと魔が差しやして、えぇ

熊のやろーがちゃんと焼けっ、とかなんとかごちゃごちゃ言うもんでねぇーえぇ

旦那っ、それがなにか? 

え?じゃーするってぇと…あっしが犯人で?

トホホホ 灯油を少し損しちやいやしたね。

欲張るもんじゃーねぇなぁ。

でわでわ!

押していただけるとオチを思いつきます。





にほんブログ村


にほんブログ村
category
備前

A to

窯焚き終わりました。


a 備前 最高温度

画像は今回の最高温度です。

焼成時間は14時間でした。

もうちょと書きたいのですが

眠いので休ませて頂きます。

おやすみなさい。

zzzzz

押していただけると起きます。


 





category
窯焚き

青春の1ページ

a 緋襷 窯詰め

緋襷だけを狙い窯詰めしました。

うちで使ってる窯は50×100平方cm位の

小さな窯で燃料は灯油です。(高さは50cm位)

もうかなり古い窯なので、あちこちガタが来てますが

なんとか誤魔化しながら焼いてます。

ですが長年使い続けているので、愛着がありますね。

修理のきかない故障が出ない事を祈ってます。(でも粗末な装備で戦うのは嫌いでは有りません)


さて…今回の緋襷は、粘土がすべて原土なので

火入れ~500度位までが

すごく恐いんです。(ぼっけぇーきょうてぇー)

(注 私は、岩井志麻子さんをよく知りません尊敬して居ります)

なので1時間に100度上昇という

すごーくユウトウセイな焼き方してます。

今5時間でやっとこさ500度になったので

自宅にいったん帰ってのブログ更新です。


そういえばさっき

自宅に帰る前にコンビニに寄ったのですが…

二十歳前後の男女4人組が、駐車場で

上等なカルバナ蝋の、なんともかぐわしい香りのする

10年落ちくらいの高級車にもたれながら

500ミリリットル入りの甘いジュースを手に

キィッキャッウフフフ

と青春を謳歌しておりました。

私は、恐いので少し目を伏せながら、ぶつからない様に通りました。
(ぼっけぇーきょうーてぇー)

今日は恐い事が多くて疲れました。

でわでわ!

押していただけるとキャッキャッとなれます。


 



category
備前

新しいモチーフ決まりました。



まずは見てやって下さい。

徳利です。

a 蜘蛛の網 1

輪花の皿です。

a 蜘蛛の網 2

蜘蛛の巣に特別な思い入れは無いのですが。

自然のものが良いかなと

思いまして…。

実は全然モチーフが出てこなくって

煮詰まってしまって(私はジャム…)

いっそのことジャムをモチーフにしてみようか…などと悩みながら

工房の裏にある山へ出かけたんです。

良い味をしたクヌギの葉が目にとまり

何となく近づくと顔に

ヌチャ~ ……

蜘蛛の巣か、考えてみれば触感は良くないが

デザインとしては良いかもしれないな

山すそで一人…( ̄▽ ̄)ニヤリ。



急いで工房に戻り、化粧掛けが終わって

かっさかさに乾いた白地にガリッガリ ゴッゴリ う~ん

やりずらい…

化粧がポロッポロめくれて

やりずらい…

しばし一服 (化粧土よえ~よ)

もっかい水分を戻してふやかして削る事に

え~と確かこの辺に…霧吹きが あった!これこれ。

手ろくろに白地を乗せてプシュー

みるみるうちに化粧が柔らかく溶けていきます。

シューシューおお シッュー やりやすいです。

こんな感じで作りました。

伝わりますでしょうか?日本語は難しいですね。


一応、他の陶芸家さんが蜘蛛の巣を、題材にしてたらまずいと思いまして。(とんぼの岡崎さんみたいに)

ざーっと調べたんですが、古い物では鍋島の物と伊万里の染錦に(江戸時代の物)

ありましたが、現代ではほぼ、いらっしゃらない様です。

というわけで…使わさせていただきます。

名前も考えました。蜘蛛の網文「くものいもん」です。

蜘蛛の巣のことを蜘蛛の網とも言うそうでして。

今日からスパイダーマン君とお呼び下さい。

でわでわ!

 押していただけるなんて…照れます。







category
粉引

大人って…


以前仕上げをした備前の原土。

ムロから出して丸3日経ちますが…

まだ乾ききっていません。

手に取るとかすかに感じる湿気。

a 原土

さらにアップ。

a 原土2

クセが強くて扱いにくいですが

やはり感触や土味は良いです。


色々な土の粒が混ざり合い

積み重なり粘土になったものを

ろくろの上でほんの一瞬ギュっと手で掴んだだけ…

備前にとって土は何より雄弁に語ってくれますから

作り手の私は脇役です。


しかし...。

まだ焼いてもいない白地を

ああだこうだと講釈たれて…(やれ引いただの削っただの)

それを何度も、ブログに載せている私は

焼きもんやとしてどうなんでしょうねぇ…。

もっとこう


おれの陶達が……


「完成品の写真」


でけた…

これ位の方が、潔くて渋くて良くないですか?

でわでわ!

 押していただけると渋い大人になれます。












category
備前

ローマ帝国の土器(terra sigillata)


世界にはたくさんの国や文化がありますね。

生まれ興り、そしてついには終りを迎えてしまいます…。

何故かこんな歌詞が頭をよぎります...

ポカリ ポカリ 生まれた命だ カクン カクン 息絶えた命だ

友川かずき 「一切合財世も末だ」より。

この曲聞くとあぁ頑張らなきゃなって思います。

私にとっては応援歌なんです。


ローマ帝国でしたね、この時代の土器を雨男博士さんに教えて頂きまして。

ついに見つけましたterra sigillata!。こちらです

a ローマ テラ土器
画像はウィキペディアより借りました。

テラ シジレッタと読むんですかね?(まー呼び方はともかく)

見所満載ですね。(他のもありましたがこれは上手(じょうて)です)

赤く鉄分の多い土ですね、中国の朱泥もしくは日本の常滑に似た感じの土です。

土の耐火度が分からないのでアレですが…(多分耐火度は低い)

いわゆる土器のイメージ(素焼きの様)よりもう少し

焼成温度が高そうですね。多分1000度位かと。

腰から下はツヤがありますね、この壺の中で最も高温にさらされ

表面が溶化したんだと思います。

それに姿が非常に良いですねー

キリッとメリハリの効いた円座の高台

やや穏やかなアールで大きく広がった腰

緊張感のあるアールを保ちつつ肩付に

厳しく肩のラインに合わせて一気にすぼめられた口作り。(肩付茶入のそれの様)

装飾も見事ですね、イッチンによる優雅なデザイン

肩の部分には白黒象嵌でしょうか。

乾燥中に磨きもかけているようですね~。

いやいや恐れ入りました、技法のオンパレードです、名品ですね!。

このterra sigillataに感化され

取り組んでいる現代の陶工もいらっしゃる様ですね。

a ローマに感化
どなたの作か分かりませんが…英語だったもので^^ お借りします。

優れたものは時代を越えて受け継がれてゆくのですね…。


少しは眼が広がった気がします。

知らない世界を教えて下さった、雨男博士さん有難うございます。

私も頑張ります!

でわでわ!

 押していただけると励みになります。





category
雑記

土器って

何となく今まで敬遠してたのですが...

面白い物ですね。

古くはbc2000年位からでしょうか。(良く分かってません笑)

いろいろ調べてて、つい引き込まれじ~と見てしまいました。

その造形とその謎に…

大量の資料と画像を分かりやすくまとめて下さってて

しかも解説まで。

こちらです。

http://jomontaro.web.fc2.com/index.html

主様は70歳のjwf様です。(外国の方かと思ったらjohmon ware ferakだった笑 愛を感じますね)

しかしネットの世界はすごいですね。

こんなマニアックな事が家に居ながらにして

断りもお礼も無しに、教えて頂けるなんて…

一昔前なら例えば土偶を見ようと思っても

展示してる所を探して、直に見に行くか(開いている時間とか休館日とか確認したり)

そうじゃなくても図書館か古本屋で探さないと

見れないものでしたけど。

いや~有難いです。


最近、作品作りに活かせるデザインを探してるんです。(((‥ )( ‥)))

ひとつは決まってるんですが

もういっこほしー

と思っていまして…。

土偶見てたら私のインスピレーションあんてなが

ビッビッと反応するかもと期待しましたが

いかんせん感度が悪いもので…。

土偶さんごめんなさい。

でわでわ!

 押していただけると励みになります。



category
雑記

〇〇が欲しいです。

私の焼き物…

最近よく考えてイマス。

陶印やサインが無くても

手に取らなくても

私の作品だと分かってもらえる…

そのために何が必要なのか

なかなか答えが見つかりません。

圧倒的な技術でしょうか?

私はそこに魅力を感じません。

もちろん基礎の部分はこれからも習得していきます。

難しいテーマです。

もし仮に古田織部が、この平成の時代に生きていて

新しい焼き物を作るなら

それはどんな焼き物でしょうね。

どんな土をもって、どんな釉薬で、どんな文様で、どんな焼成で

どんな雰囲気で、どんなカタチで、どんなへうげで…



いけませんね、危うく妙な迷路に入り込む所でした。(アブイアブイ)

真剣に考えていれば、そのうち何か見えてくるでしょう。

本当に真剣に取り組んで行けば…きっと

〇〇のこくう、こんな呼び方されてみたいですね。

他のはあんまりパッとしないけど〇〇はよいね。

みたいな…

はー〇〇ってなんだろ。

でわでわ!

 押していただけると励みになります。
 




category
雑記

コニカミノルタ杯

 国内女子メジャー「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」の最終日。首位スタートの有村智恵が、2バーディ・2ボギーとスコアを伸ばせなかったものの、トータル13アンダーで嬉しいメジャー初制覇を飾った。
(ヤフーニュースより)

テレビにて観戦しました。

有村選手おめでとうございます!。

苦しい戦いでしたね。

しかし…狭いフェアウェイ、重そうなラフ、速くて難しいグリーン。

四国のエリエール杯は、2回見に行った事がありますが

コースの厳しさはかなり違うように感じました。(やはりメジャーは違いますね)

エリエール杯で、印象に残っているのは(何年前か忘れましたが…)

コースレコードだか自己新スコアだかで

まーとにかく面白いようにバーディーパットが決まり

ダントツの優勝でしたね。

一度勢いに乗ると手がつけられないと言うか

非常に爆発力がある選手ですよね。(相手からすると恐い存在でしょう)

プレー中も淡々としていて、感情を表に出しませんし

メンタルの強い人だなーと思いました。


私も強い強い有村選手を見習いまして

言い訳せず、やるべき事を辛抱強くやって行きたい

そう思いました。

でわでわ!

 押していただけると励みになります。
 





category
雑記

人 ドキドキ

いきなりですが…

私は人とコミュニケーションをとる事が苦手です。

大勢で一緒に騒いだり、わいわいガヤガヤ。(居酒屋とかボックス席のお店とか)

こうゆう事が楽しいのは理解出来ますけど

進んで参加したいとは思いませんね~。(私は楽しめない)

年に2回位で十分です。

お酒も普段飲みません。(断れない席では飲みますが)

つまんない男です。

最近では女性に対する、免疫も減ってきて

コンビニで20歳前後のおねいさんに

お釣りを渡される時、手のひらと手の甲を包むように渡されたんです。

私驚ぉいてぇーしまってー叫びもせず、ただ逃げましたぁー私の敵は私です。

(注 わたしは中島みゆきさんを心から尊敬しています)

こんなアホな事を書いているうちに

きょうも終わるのですね…。(何やってんだか)

でわでわ!

 押していただけると励みになります。
 

















category
雑記

粉引きの化粧掛けを

やりました。

まずは刷毛で化粧を塗ります。

それから少し乾かして(化粧の水分で崩壊しそうだったのでバーナーで炙りました)

バランスを見てカンナで線を入れます。

a cohiki1

魚紋を彫っていきます。

シュッシュー シュッシュー

活きの良さと李朝っぽさが命です。
a cohiki2

反対側には牡丹文です。

ここも李朝っぽい奔放なタッチで

シュー シュー(難しいけど楽しい作業です)
acohiki3.jpg

高台にヘラ目を付けてみたり

少しは李朝っぽくなったでしょうか?(この徳利は上の物とは違います)
acohiki4.jpg

なんとか終わりました。
a cohiki5

粉引きはやっぱり面白いですね。

今度は三島とか暦手なんかもやってみたいです。



李朝=李氏朝鮮ですね。

李氏朝鮮(りしちょうせん)は、1392年から1910年まで続いた朝鮮半島の最後の王朝。李朝(りちょう)ともいう(李王朝の意)。高麗の次の王朝。(ウィキペディアより)

518年ですか~長いですね。

う~ん、どうしようか悩んだのですが…

私も一人の、焼きもんやとして、書いておきます。

焼きもんやにとって李朝や中国などの国は(他にもありますが)

先生でもあるし、いやもっと近しい、お兄さんの様な存在です。

少なくとも僕はそう思っています。

僕は純粋な日本人ですが、その親しみと敬意を、忘れた事は無いです。

あんなに素晴らしい物を作り得たのですから...

政治とか歴史とか難しい事は知りませんが

平和が一番だと私は思うんです。

 押していただけると励みになります。
 






category
粉引

粉引 ろくろと仕上げ

昨日ろくろ引きした徳利と皿と茶碗です。

a 粉引 1
a 粉引 2


作品がなかなか、乾かないので

ガスバーナー(簡易の物)でバーっと炙って

適当な所で仕上げました。(短気は損気なのですが..)

この粘土は乾燥キレに強いので大丈夫です。多分…

それにしても右手前の茶碗はろくろ目は...

いじけてて、リズムが悪く、見ていて気分が悪いですね。

嫌ならヤメろと言いたいです。


せっかくですから、ろくろ目について書きます。

ろくろ目については、私なりのこだわりがありまして。

ろくろ目って見られる事を、意識して付けるのが本当だと思うんです。

つまり一種の装飾だと。

これについては、反対意見もあるでしょう。

「自然に付いたろくろ目こそが最も美しい」

これって私は違うと思います。

良いろくろ目は、自然には付かないですし

付いていても、上げる効率を考えてる時の、

ろくろ目なので、少し硬くてリズムが細かいです。

私はこの硬くて細かいろくろ目を、一度全部消します。(手のひらで抱えて)

そして一番下から12345と数えながら手を上げていきます。

もう十分薄く引けてますから力は要りません。

(私の場合)左手人差し指の外側を、軽く当てているだけです。

はい、明日から私この通り引きます。(スイマセンでした m(_ _)m)

この後もう少し乾いたら、化粧土を使ってこんなのや

a 徳利2
こんなのとか
a 徳利1

やはり李朝は楽しいです。

でわでわ!

 押していただけると励みになります。
 
















category
粉引

すっかり秋めいてまいりました。

暑い暑いと言っているうちに、季節は流れもう少しで秋ですね。

また一つ、おっさんになるんだなー、とぼんやり。

おーっさんっ! おーっさんっ!(季節の変わり目なんで大目に見てやって下さい)

テンション上げてみても、下がりますね…。

ふしぎなタンバリン2つ持ってても、持たせる仲間がいないという…。(寂しいこの記事も)

僕はククール役なんで、ゼシカとヤンガス募集します。

でわでわ!

(笑)やばいです、何書くかまだ決まってません…。


ゲームは好きで、よくやりました。

ファミリーコンピュータの時からプレステ3まで、ですね。

機種はファミコン~スーファミ~セガサターン?~プレステ1~3です。

友達とソフトの貸し借りとかしてましたね。

マリオカート(初代?)のタイムアタックはハマりました。

ちょうど高校の部活を、引退した時期だったので

夜中まで狂ったようにリトライしてました。

それで友達のタイムを抜いて、更新出来たら

「すぐ抜けたよ、遅せーな」ってソフトを返すんです。

僕がドンキーで友達がクッパだったかな?

そんなやり取りが楽しかったな~。

格闘ゲームも好きでした。

スト2とか餓狼伝説とかもよくやってました。(懐かしすぎる)

キングオブファイターズ スペシャル

キングオブファイターズ スペシャルです。

私は庵(iori)使いでした。(勝ったあとの笑い方がなんとも)

今日はハズいんでもう止めておきます。

でわでわ!

 押していただけると励みになります。
 





category
雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。