Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

緋襷(ヒダスキ)の焼成方法

こんばんはこくうです。

今日は緋襷について私なりに説明を...

備前ネタが多いですが、そこはお許し下さい。

緋襷…

時代としては、室町~もしかしたら鎌倉の物も、有るかも知れませんが。

キーポイントである桃山以前から有ります。

専門書などでは、窯の中で作品同士が、くっつかない様に

ワラを作品の間に挟んだのが、きっかけだそうです。

その際ワラに、触れた部分が赤く変化します、それが緋襷です。

コントラストの美しさから、白系の土で緋襷を狙う事が多いようです。

では何故、土にワラが当たっただけで、赤い発色が得られるのでしょうか?

偉い方が研究されて、そのメカニズムは解明されている様ですね。

私が体感的に思うのは、土が焼ける時に(例えば1200度とか)

ワラ(稲藁)の中に含まれるkcl(塩化カリウム)が粘土の中のカオリン

と反応する為だと思います。

窯の温度が700度位で粘土中の結晶水が抜けます。(完全に乾燥)

この時カオリンはメタカオリンに変化し(焼結しつつある状態)

メタカオリン中にk(カリウム)が取り込まれます。

残されたcl(塩素)は塩素ガス化します。

この塩素ガスが、粘土中の鉄分を表面に集め

赤鉄鉱を生成します。(これが緋襷です)

ちょっと頭が疲れたので、休憩します...。(こんな記事だれも興味ないだろうな…)




以前、焼いた物です。

a徳利

a徳利2

緋と言うよりオレンジぽいですが...

焼成はず~と酸化焼成で焼いてます。

ねらしはせず最高温度(1190度)になってすぐ火を止めました。

小さな窯ですから急冷です。


きちんと還元かけてから、酸化に戻して徐冷

今度の窯で試してみます。

狙うのは、くっきりと濃く赤い緋襷

白くて硬すぎない土味

この2つが目標です。

緋襷は、緋色と土味だけで表現するので

何も誤魔化せません、ですが土の良さはストレートに伝えられる。

重要なテーマです。

でわでわ!

 押していただけると励みになります。

 











スポンサーサイト
category
備前

華道

今日は華道の本を一冊。

a本

小原夏樹著 絲綢華路(しちゅうかろ)

いけばなの作品を見て、色々な花器の使い方を見たくて買いました。

定価は19600円 (私は中古で2000円)。

a本1

花材 蓮 実菖蒲

花器 周銅三羊壺

続いて

a本2

花材 茶碗蓮 かるかや(苅萱)

花器 藍窯尊式花生


どちらも夏の季節だと思います

花材が蓮や菖蒲ですので...多分

上の周銅三羊壺って私は分かりません、

中国の古い物ですかね。(明とか..かな?)

良い味で安定感があり、口も広いので生けやすそうです。

下の藍窯尊式花生もよく分かりません。(青交趾でしょうか)

涼やかな透明感で夏の季節には、ぴったりですね。


この記事書いてて思いましたが

私は中国美術に対して非常に弱いです。

銅器の時代なんか、さっぱり分かんないです。

焼き物も最近は中国の景気がいいそうで

価格が高騰してるらしいですが

そもそも良い物かどうか、見分けが付きません。

それに贋物が多くございますでしょう?

ま~せめて、焼き物だけでも覚えて行きたいです。


まだまだ暑い日が続きますが、ご自愛下さい。

でわでわ!


押していただけると頑張れます。

 


category
本など

鶴首徳利 仕上げ

昨日ろくろ引きした、鶴首徳利ですが工房に行くと

すでに口の部分が白~く...。

しまった!ムロに入れとけば良かった。(急乾燥でキレ無ければ良いですが)

一瞬だけ反省した後、手に取り改めて鶴首を眺めます。

バランスわっりいな~...アールの調整は無理ぽいです。

半分ヤケで(もう潰して再生するつもり)ガリガリ削ってたら。

なんだか惜しくなって、以前からやってみたかった

八角面取り徳利の削りに挑戦しました。

出来上がりがこちら。

a自作鶴首八角

八角なんて、初めてですが..。

意外と出来るものですね。

作る過程も楽しいですし、またやりたいです。

ちなみに八角面取りのやり方は

まず高台に八等分のあたりを付けます。(十文字とかける?の組み合わせ)

定規の様な物で高台側から口縁に向かって、縦に筋を入れます。(押し付けるように)

これをえ~と八回繰り返します。

縦の筋に沿って面取りして行き、程よい所でおしまい。

本来は李朝の型(意匠)です。

こちらが李朝の青花白磁 草花文 面取瓶です。(18世紀)

a李朝青花
(李朝陶磁500年の美より)

姿かたちも魅力的ですが、青花文の淡く深い発色

ほんのりと青味がかって、とろっとした釉...。(素敵です)


このように私は、焼き物の産地やカテゴリーに

あまり執着と言うか、こだわりが有りません。

唐津 萩 備前 丹波 信楽 伊賀 美濃 楽 有田 九谷 李朝...。

どれも素晴らしい焼き物だと思います。

みんな違うし、みんな良い。



技術が足らないので、まだまだ満足な物は出来ませんが

いつかの感動を、他の人に伝える事が出来たら…と思います。

でわでわ!


押していただけると調子に乗ります。

 




category
削り 仕上げ

鶴首徳利ろくろ引き

a鶴首

画像は桃山時代の鶴首徳利です。

よく吟味された土なのでしょう、土味が良いですね。

焼成もはっきりと緋襷が現れ美しいです。

そして造形も完璧。(バランスとろくろ技術共に)

今日は、鶴首徳利に挑戦しました...。

実はこの鶴首徳利、シンプルな姿からか

簡単な様に見えますが、かなり難しいです。

何とか引いたのが、こちら

a自作 鶴首
う~んなんとも貧弱な徳利ですな~。

特に肩のラインが弱いし、胴の膨らみもイケマセン。

止めときゃよかった。(笑)

削りで誤魔化せなかったら、粘土は再生してまた使います。

鶴首徳利には、思い入れがあるので

何度も挑んでますが、一回も成功した事がありません。

他の作家さんが作られた鶴首の、良い物を見ると

欲しくなります...。

鶴首に関しては、森陶岳さんとか、伊勢崎満さんは本当に上手いと思う。


また腕を磨いて挑戦します。

しかしムズイ、大井戸も難しいが鶴首も…同じくらい。

センスの無い私は、作りたいものが出来ず悔しいです。

こんなに憧れてこんなに想っているのに、悲しい片思いですね。(笑)

でわでわ!

押していただけると励みになります。
 



category
備前

大皿と花入れ

 備前の原土...

 こんなに扱いづらい、とは思っていませんでした。

 土の粒度と密度がバラバラなんで

 ろくろの中心にきちんと据える作業(芯出し)が

 出来ません。

 確かに扱いづらいけれど私は、この土で

 私なりの備前を表現したいので

 使い続けます。

 実は...かすかにですが

 私の師である、古陶たちに見られる(十五世紀後半~十六世紀はじめ)

 いくつかの、独特な特徴を体現できたのです。

 工房の中一人でブツブツ言いながらニヤニヤしてました。(キモっ)

 仕上げた二点です。

a自作大皿

a自作三角花入れ

 花入れは、首から下を三角にしています。

 もう少し手を加えたかった、ですが止めておきました。

 大皿はろくろ直後に、三方から抱え込んで起こしてます。
 
 こちらも程ほどで止めました。

 この後、乾燥ですが十分時間をかけて

 ビニール製のムロのなかで行います。

 私は割とせっかちなので、いつもは扇風機で風を当てたりとか

 ごじゃ(無茶って意味です岡山弁キタナイ..)してますが

 この原土用にムロ作りました。(乾燥ムラがあるとすぐ割れる為)

 でわでわ!

 
 押していただけると励みになります。

 
 


 


 
category
削り 仕上げ

私は買わない派

 私はあまり物を買いません。

 生きていく上で必要なものと仕事の道具とか、それに関係する物だけです。

 中古で十分な物は全部中古で買いますし

 棚とか机などの家具類は中古でも案外高いものも多いので

 最近も板材を通販で取り寄せて、作業台を作りました。

 作ったと言っても杉の板(縦1800mm 横45mm位 厚さ35mm)を

 使わなくなった樹脂製の箱に、乗せただけです。

 こんな物でも天板は無垢材ですから温かみがあって、落ち着きます。

 最初は中古で探してたんですけど

 欲しい作業台がなかなか見つからなかったのです。(あっても高い...)

 まず天板だけ買って、足はどうにかしようと思い

 ネットで写真見て買える、材木屋さんのページを見つけて

 注文しました。(良い杉材ですが、ふしが有るので、安かったです)

 選んでるうちにだんだん木の世界に引き込まれてしまい

 何故か、工房の看板用(栃材耳付き)に一枚...



 買っちゃいました(私はすぐ気に入って買う派)。

 今ベビーサンダーで看板用の板を磨いてます。

 どんな看板になるのか楽しみです!

 でわでわ!

 押していただけると励みになります。

 
 




 

 
category
雑記

太陽やきものシリーズ 志野 織部

 また、やきもの関係の本です。

a 志野 本

 サブタイトルが 一九七六 春

 私が一歳の時に出版されてます。

 志野や織部の他に 古瀬戸 黄瀬戸 瀬戸黒 なども載ってます。

 なぜか特別付録として信長朱印状!が付いてます。(定価1800円)

 内容はですね、
a 志野 本2

 羽衣の貴重な写真ですとか、他にも 卯花墻 玉川 橋姫 広沢 朝陽 峯紅葉 山端 (志野系)

 冬枯(黒織部)小原女 小原木 有明 冬の夜(瀬戸黒) 銘のある物だけでも、こんなにありました。

 茶碗以外では鼠志野の額皿や平鉢、

 様々な陶片などは、絵付けの良い物が多くて、大変勉強になりました。

 荒川豊蔵先生の最上級だと思える茶碗4点と水差も良いですね~。

 荒川先生と言えば、筍の絵付け陶片の逸話が有名ですが、

 その逸話を紙本?に描かれた画賛が載っています。(もちろん本人書)

 画(絵)は山中で杖を持って、帽子を被った荒川先生が、月明かりで陶片を見ています。

 賛(文章)は、『昭和五年四月十二日の晩、大萱から帰路大平峠にて筍絵陶片を月にかざして居る所』

 
 それにしても荒川先生は、絵も書も焼き物も上手いですね。

 素晴らしい...

 私も頑張ります。

 でわでわ!
 
 押していただけると励みになります。

 




 

 
category
本など

決定版見てわかる陶芸材料

 私は陶芸をほぼ独学でやってるので、

 技術的な悩みを聞ける相手が居りません...

 焼き物って、よく分からない事が多いです。

 常になぜ?なんで?の連続です。

 迷路の中で転んでばかりいます。

 そんな時は気分転換に、本を読みます。(本当は技術をお金で買う為です..)

 陶芸の指南書とか技法書、美術関係の物や茶道、華道、香道、懐石料理、書道、など

 焼き物に関係ある物をよく読みます。

 そんな本の中から紹介しますね、これです。          a 本1

 この本は全国の陶材屋さんで販売している(18社?位)、

 粘土のテストピースが101種類、記載されています。(フルカラー)

 このテストピースは棒状で両端にそれぞれ透明釉と伊羅保釉が掛けられていて、

 酸化と還元どちらも載っています。(すべて0.4立米のガス窯で1230度)

 監修をされた寺田さんが、それぞれの土に対する考察を(手触りやろくろの感触、焼け味など)

 書いて下さってるので、より分かりやすいです。

 
 粘土だけでなく長石(31種類)や灰類そして金属類(含鉄土石などの鉄系や呉須、マンガン、銅)

 すべて材料の販売元(連絡先)と価格が書かれてますので、

 これを読めば、(一般的な)焼き物の材料がほぼ揃えられます。

 
 今ざっと読み返しても、欲しい材料がいくつかありますね。

 10年前(2002年)に発行されてますが、今でも十分参考になります。

 陶芸関係の本では一番オススメです。

 欲しい方は…中古で安く手に入ると思います。(定価は2000円です)

 でわでわ!

 
  押していただけると励みになります。


  

   

  

 

 
category
本など

私の削り方(高台)

a削り1
まず道具ですね。

ヘラでもコテでもナイフでも何でも使えます。

写真は左側がカンナと呼ばれる物、右側が竹のヘラです。(どちらも特売で買いました)

これで腰の部分と高台の輪郭を削って仕上げていきます。
a削り2
今度は高台内を削ります。(私は高台内の中心部を最後に削ります)
a削り3
最後に指でバランスを整えます。(この茶碗は沓形なんで三箇所、押し上げてます)
a削り4
高台が出来たので、胴の部分に織部を意識した彫りを入れました。

そのまま乾燥させます。

私のやり方はこんな感じです。(なんか照れますね)

今日仕上げたのは...

たったの25個!

その内ぐい呑が10個という

何とも情けな~い、数でして

ブログのタイトル 「だから私は食べてゆけない」

にしようかな?

まーぼちぼち、やっていきます。

でわでわ!

押していただけると励みになります。

 



category
削り 仕上げ

原土のろくろ引き

a原土1

 相変わらず画像が大きくてスイマセン。(更新もさぼってスイマセン..)

 やっと粘土の粘りが出てきたのでろくろ引きます。

 
 a原土2

 ピンボケと手ブレでなんか酔いそうですね。


a原土3

 何とか手が慣れてきました。

 やはり原土はなかなか言うことを聞いてくれません。(言い訳です)

 土を開けば割れるし、すぼめればヨレるし。(愚痴です)

 …芯も出ない(笑)

 最初の茶碗5個は形にさえ成らなかったです。

 まるで、お前ごときの言うことなんか聞けるか!

 って言っているようでした。


 でもそれは、私にとって楽しい作業なんです。

 こういう個性が強い土は、自然な歪みが現れたり

 私の作為を超えた表情を見せてくれるから。

 
 もう少し手が慣れたら、花入れにも挑戦したいです。
 
 今日の夜に削ります。

 また更新します。

 でわでわ!

  押していただけると励みになります。

 
category
轆轤(ろくろ)について

とんかつ屋にて

aとんかつ屋

 食べかけの見苦しい画像ですいません。

 今日のお昼ご飯です。

 売れない陶芸家にしてはご馳走を頂きました。(いつもは、焼き飯や、そーめん食ってます笑。)

 なにも、とんかつが嬉しくて、はしゃいで写メ撮ったのでは、ありません。(少し、はしゃいでます)

 なぜか前の席で食べている60才台の女性が気になるんです。

 なんでだろと思ってチラチラ見てたら

 茶碗を手で持ち上げずに、お盆の上で斜めに傾けて食べてる。

 もっと気になります。

 チラ(腰が悪くて伸ばすと辛いんかな~、そんな感じでもないな~)

 パクパク(オイシッ)ムシャムシャ。

 チラッ(左手首をかばってる?)

 ジ~(あの人にとっては茶碗が重いんかな~)(ウワッ目が合った)ドキドキ。

 そこで自分の茶碗をゆっくり眺めて、寸法確かめたり、いろんな持ち方をしてみました。

 箸を逆に持って高台に当てて、まず広台の大きさが分かりました。

 そのまま茶碗の口の部分にあてがいます、

 ちょうど口径の半分でした。(ふ~ん高台大きいな)

 さらに箸を置いて両手でお茶を頂く時の様にくるくると回してみたり。

 やはり少し腰の部分が重い!



 とんかつの皿は?

 7寸で高台に指で触れてみると、

 角が丸い既製品の型物。(鋳込みや機械ロクロで作った量産品)

 でしょうね、安く数を揃えようと思えば当然です。

 
 でもこの染付の茶碗は、ちゃんとカンナで高台削ってるんです。

 どこの誰かは分かりませんが、多分職人の手仕事...

 
 こんなふうに物を作る人間はいつも

 誰かの批評にさらされてるんです。

 今日僕がやった様に...(怖っ)

 でわでわ!


  
 押していただけると励みになります。

 


 

 

 



 
category
雑記

土を練りました。

a 粘土練 7
原土を砕いてフルイにかけたものです。

a 粘土練 6
これは耐火度のある山土です、これを約2割入れます。(地元の しょうざん で買いました)

a 粘土練 5
何度かひっくり返して、ざっくりと混ぜます。

a 粘土練 4
練りやすいたらいに入れます。

a 粘土練 3
水を加えて練ります。

a 粘土練 1
使いやすい大きさに、まとめて

a 粘土練 2
ビニールの袋に入れ、なじむまで保管します。


 写真が大きすぎるのは、載せ方がよくワカラナイからです。(さむねいるだとちっちゃい...)

 久々の粘土作りは、やはりとても楽しい作業でした。


 粘土を1日練って思ったんですが、

 私はいろいろな産地の粘土を送って頂き(信楽 美濃 萩 唐津 など)使います。

 どの粘土にもそれぞれ個性がありろくろをしていると、ふ~んとかへ~とか

 ブツブツ一人で言いながら、その個性を楽しんでいました。

 電話で注文するだけで自宅に粘土が届く、

 めんどくさいあんな作業やこんな作業は全部やってくれてる。

 これって実はものすごく贅沢な事だと思うんです。

 改めて各地の粘土屋さんに敬意を込めてありがとうと言いたいです。
 

 よく市販の粘土なんかつまらないとか、使いやすくする為に混ぜ物の入った偽物だとか

 言う方がおられますが、それは本当に一部の粘土屋さんだけだと思うし、心無い言い方だと思います。

 多くの粘土屋さんはそれぞれの○○焼きの素晴らしさや楽しさを体感してもらいたいとか、

 ○○焼きを世に広く広めていきたいとか...みんな矜持を持ってる。

 
 市販の粘土でも、こだわった原土でも

 要は自分の表現とか、あこがれが具現化できるか、そこだけだと思います。

 まとまりの悪い乱文、失礼しました。

 でわでわ!

 押していただけると励みになります。

 


 
 







category
土づくり

テレビでソロモン流を見ました。


 今日はテレビの話しです。

 私はあまりテレビを見ないんです。

 好きな番組だけを1日に1つか2つ見るくらいです...

 理由は長く見てると疲れるんです(音楽もアルバム全部聴き終わったらぼ~っとしてしまいます。)

 美術品も良い物を何点かみてると同じようにぼ~っと...

 自分でも不思議なんですが良い物ほど、そうなります。

 え~と今日見たソロモン流は花火師の、北原 清 という方が出ていました。

 タイトルに惹かれて見たんですが、見て良かったです。

 内容は細く覚えてませんが(笑)

 大まかには、伝統を守るだけでなく中国やスペイン、マカオなど現地に行き

 直接見て感動し、その手法を自分の作品にも取り入れ、その結果上海や国際的な大会

 で優勝し日本花火を大きく前進させた賢人である。

 こんな感じでした。

 途中で花火を作る工房にカメラが入って、出来上がった作品の説明の

 説明してるシーンで一尺玉(30センチ) 二尺玉(60センチ) 三尺玉(90センチ!)

 花火の表面をペチペチ叩きながらニコニコ説明してる賢人は

 とても自信に満ちて誇らしげでした。

 北原さんこれからも頑張って良い花火を見せて下さいね。

 でわでわ!

 押していただけると励みになります。


  
category
雑記

デザインについて

カサ・バトリョ縦 正面

カサ・バトリョ(カタルーニャ語:Casa Batlló IPA:[ˈkazə βəʎˈʎo] カザ・バッリョーあるいはカザ・バッジョー)は、スペイン、バルセロナにあるアントニ・ガウディが手がけた建築物の1つ。2005年にユネスコの世界遺産に登録された。

カサ・バトリョとはスペイン語(カスティーリャ語)発音によるもので、カタルーニャ語ではカザ・バッリョと発音する。バトリョ邸(バッリョ邸)。

(ウィキペディアより)



 この建物は美しいと思います。

 何故でしょうか?



 私には建築の知識なんてありませんし、

 アントニ・ガウディという人について何も知りませんが

 彼の精神と才能はこの、カサ・バトリョを見れば理解できます。



 見ていると意外にも、左右対称(シンメトリー)だと気づきました。(上の方は違いますが)

 美術の世界ではシンメトリーについてよく語られます。


 
 これだけ奔放に遊んだ造形でありながら、(失礼)

 複雑なアールと三角型が入り組んだ造形でありながら、

 立体的なメリハリをつけながら、

 左右対称であることにより、キリッと全体を引き締めている。

 凄い!

 自分のデザインセンスが良くなればと思い

 この写真は長いあいだパソコンの背景?に使ってました。

 効果はまだないようです...

 でわでわ!


   押していただけると励みになります。


  
 
category
雑記

備前の原土

a 自作茶碗1


 テストピースの山をガチャガチャいじっていたら、

 約6年前に原土のまま焼いた茶碗が出て来ました。

 これは火襷で焼いたもの

a 自作茶碗2

 これは窯変というか正しくは炭サンギリと呼ばれるものです。

 上の方(茶碗の口縁の部分)が炭に触れている所で良く反応してます。

a 自作茶碗3


 もともとは一つの茶碗です。

 焼き締めは、土の善し悪しですべてが決まる。

 私はそう思うんです。

 土がつまんない焼き締めは魅力がありません。

 もちろん造形や焼成も大事な事ですが...

 まずは焼きもんや、としてやってる以上は

 私の土(備前の)を作ります。

 3枚目の写真見てたら伊羅保も試してミタイ...

 どうも私は気が多くていけませんね~

 ま~出来るだけ早く焼けるように頑張ります。



  押していただけると励みになります。


  
 
category
備前
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。