Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

粉引雨漏れテスト。

こんばんは~。

今日は粉引の雨漏れテストをしました。

まずは画像をご覧下さい。

焼き上がり直後の画像です。

粉引焼き上がり

使用後…。

130820_1836~01
130820_1837~01

白地の時の記事です。

いつものように栃渋(少しお茶の葉も入れました)

に一晩浸けてから、完全に乾燥させてます。

やはり土に混ぜ込んだ石が多すぎました…

少し粗い表情で、時々爆ぜてとか欲張ったんです。

欲張った分、多すぎました。

石の周りが染みの変化が大きいです。

こうやって実際に育てて見ると良く分かりますね。

己の腕の無さが…。

花でも生けて使おうと思います。

でわでわ!

いつも応援頂きありがとうございます。


スポンサーサイト
category
粉引

育つうつわ。

こんばんは~こくうです。

今日は粉引きの事書きます。

久しぶりな焼き物ネタに少し緊張気味です^^。

以前焼いた粉引き茶碗を栃渋に浸けて

育ち方(汚れ方)のテストです。

(乾いたモノを一晩、栃渋に浸け引き上げて放置)

まずは画像をご覧下さい。


130802_2301~01
130802_2302~01
130802_2303~02
130802_2303~01

ピンボケは、お許しください。

ヒビ割れた表情は欲しかったんですが…育つと汚いですね。

荒土混ぜるのは、よしましょうそうしましょう。

生地土自体は案外焼きしまっている様子です。

釉薬はもう少し青味がほしいす。

問題は白化粧土ですね、

なんか加えてみようと思います。

案としては長石か灰です。

ほんの少しだけ加えてみて、

染み込みが抑えられたらと考えてます。

私自身は育つモノが好きなんですが

イコール「あまい」「カビる」ですので…

なかなか難しい問題です。

でわでわ!

いつも応援頂きありがとうございます。


category
粉引

愛しの…李朝様…。

こんばんは!!こくうです。

今日は粉引について少し…

まずはこちらを

121014_1725~01
121014_1726~01
121014_1726~02

一番上の画像に、指で押さえた跡が2つありますが

これは化粧掛けが終わり、棚などに置く時

まず棚のふちに置いて、そのままでは安定が悪い為

指で突くように押してます。

特に指あとを残す必要も無いのですが

私はあえて残しています。


次は高台です…

ご覧の通り化粧が高台まですべて掛かってません。

本来…こうゆうのって粉引とは言わないです…

粉引ではなく刷毛目です。

私は思うんです…あのぅそれって

どっちでも良くないですかね…と

刷毛を使ってないですし…

……。

真面目に李朝粉引やられてる作家さんすいません。

私も最初は、粉引だから全部ドボンと化粧してましたが

つい変化が欲しくて掛け残してます。


高台内のヘラ目でギュギュっと押さえてるのは

大好きな装飾でして…李朝に習っています。


つまらない事を書いてしまいましたが

これからも伝統を重んじながら

ほんの少し自分を出せていけたらと思っています。

でわでわ!

押していただけると励みになります。




にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^

category
粉引

めんどうなやーつ!

こんにちは!こくうです。

今日は「粉引を育てる」について…

こちらが焼き上がり直後です。

a 粉引 雨漏れテスト前

「時代付け後」(笑)です。
121003_1309~01
121003_1310~01
121003_1310~02
121003_1312~01

おそらく5年位使っていたら、この様になると思います。

とちしぶ(ドングリのヘタを水につけたもの)

に「5秒程つけて電子レンジで乾かす」を3回繰り返してます。

電子レンジ耐性?は500wに3分かけても大丈夫でした。

やや極端なテストですが、これを実際にやっておかないと

自分のしなもんに質問された時、ものが言えませんから。


しかし、育つという事は汚れやすいという事です。

他の作家さんはどうやって説明してるのか

気になります。(使い方を)

粉引だけじゃなく志野とか萩とか…

大変でしょうね~。

漏れ止めは陶材屋さんで売ってますが

使いたくないんですよね。


「使って洗った後レンジで1分位温めてやって

水気が完全に飛んでからしまって下さい。

そうしないと中に染み込んだものが

カビの原因になったり臭いの原因になります。」

私にはこの位の事しか言えませんね~。

そもそも育つうつわが好ましいと思ってますので

化粧土の耐火度を下げて染まない様にとか

土をスイヒのものに変えてとか

対策は出来ますが…

そこまでして粉引を焼くと粉引じゃなくなる。

はい私は、めんどうな奴なんです。

まぁ分かって下さる方はいると思います。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^




category
粉引

都合の悪い話

こんばんは!!こくうです。

昨日に引き続いてまた粉引ネタです…

粉引といえば雨漏り!

雨漏り手なんて言い方もしますね。

昔の茶人や数寄者がその景色を楽しんだそうでして…

まずは画像をご覧下さいませ。

窯出し直後です。
a 粉引 雨漏れテスト前

ざっと水にくぐらせました。
a 粉引 雨漏れテスト後

水が染みて釉の中の土に入っています。

この変化を茶人や数寄者たちは喜んだのでしょう。

古格が出て来たとかいいます。

古色の美とか…

私も、うつわが日々育ってゆくのを見るのは好きですし

その使い古した味を目指してうつわを使います。

ですが味だ古格だと言いましても

ただのシミ、汚れでございます。

画像の様な食器としましては、いろいろと

都合が悪いです。

一般的には不良品…

う~んこのあたりが難しい所ですね。

かといって貫入もピンホールもない(釉の中に何も通さない)

カッチーン、バーリアみたいなのは、焼きたくないです。

そんなのもありますが…これでいいだろって感じの…あれは違うと思う…ガラスの方が良…

でも今度、粉引を焼くときは釉を、もう少し濃い目にします。

ちなみに私の家は築50年のボロでして。

雨漏り…します。

家…としましてはいろいろと

都合が悪うございます。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^
category
粉引
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。