Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

口縁のうねり。


こんばんは~こくうです。

今日はろくろの事を書きます。

茶碗などの口縁に五峰(うねり)の変化をつけたくても

なかなか上手くいかない時期がありました。

あとで弄るのもそれはそれで難しい気がして

(今はどちらでも良いと思ってます)

なんとか自然な感じでつけれないかと

いろいろ試していました。

ある日突然「あぁなるほど」と思えた

やり方を。


私の場合は大体、棒引きですので

一個分の玉取りをしてから、穴を開けて

なんとなく粗く引き上げます。

粗く上げているので当然まだまだ分厚いです。

分厚い=しっかりしてますから、

この時にろくろをゆ~っくりにして

真上から指でいちにいさんと押し込みます。

そのまま上の部分が歪んだまま

一番下から一気に引き上げます。

(私は革をあてたりしません)

後は見込みの方から膨らましたり

外から抱えたりして

気が済んだら…糸で切り離します。

一見簡単なようでなかなか

様にならないのが口づくりです。

差し出がましいようですが…

お悩みの方にとって何かヒントななればと

思い書いておきます。

皆様の作品づくりが豊かなモノになりますように。

でわでわ!

いつも応援頂きありがとうございます。


スポンサーサイト
category
轆轤(ろくろ)について

どこまでも高く。。。


こんばんは~こくうです。

今日はyoutubeから動画の紹介です。

ロクロの達者な方…いるもんですね~。

約4分30秒の動画です。



ロクロは左回りですね~粘土は5キロくらいでしょうか。

28秒~32秒の手の形と動きが特徴的だなぁと思いました。

穴を開けて一回目を上げる最初のところがもう上手いです

1分27秒~の外の手の受け方も力強く効率的ですね。

途中からコマ画像になりますが工程は良く分かります。


基本の筒型と言いますが…ここまでの事ができるんですね。

基本の重要性を改めて痛感致しました。

これだけ挽けたら楽しいでしょうね~。

しゅっ修行に励まねばっ!。

でわでわ!

押していただけると励みになります。



にほんブログ村
category
轆轤(ろくろ)について

ろくろに思う。

こんばんは!!こくうです。

今日はろくろについて思う事を書きます。

ろくろは地域によって回転方向が違うらしいです…。

日本では、たしか丹波と唐津系は左回転、その他の窯場は右回転らしいです。

中国や朝鮮半島は左回転です。

しかし一般的にはあまり意識されない事です。

古美術の真贋や産地を見極める時のヒントになる位ですから。

私は唐津や李朝も焼くので、左回転のろくろも練習しましたが

手が逆になるだけと頭では解ってるんですけど

なかなか…難しいです。

削りはどちらでも出来ます。(前々回の唐津の削りは左です)

この練習は今後も続けたいと思います。

蹴ロクロまで使おうとは思いませんが…。



「ろくろ こつ」などで検索されて

このブログに訪問下さってる方に…

お悩みなんでしょうね…分かります。

私も最初はこんなの無理!って思いました。

私などが偉そうに言えませんが、ろくろはきっと出来る様になります。

良く湯呑千個なんて言いますけど、あれはかなりキツいです。

ぐい呑を挽かれてはいかがでしょうか?

小さいモノですので手軽に取り組めますし

感覚を養うには良いかと…。

好きな茶碗を縮小してぐい呑にするのも楽しいですよ。

きっと出来ますよ!やめたら詰まんないです。

なんか偉そうにすいません…。

お互い頑張りましょう~。

でわでわ!

押していただけると励みになります。




にほんブログ村
有難うございます^^
category
轆轤(ろくろ)について

ろくろ買っちゃいました(中古)。

こんばんわ!!こくうです。

今日は釉薬の材料を買いに丸二陶料さんへ行きました。

私「こんばんは~ワラ灰と土灰と釜戸長石それから~鬼板下さい」

置き場所を聞いて棚から選んでレジへ持っていきます。

私「童仙房の粗いのありますか?」

おじさん(以下お)「細かい1mm下しか今ないんです~」

私「あっじゃ~いいです」

私 ん?「このろくろは売り物ですか?」

見るからに程度の良いろくろ…(型式は古いですが…29年落ち位?)

このお店は中古の窯とか機械も扱ってるのでたまに

あまり使われて無いようなろくろがあったりするんです。

お「売り物といえば…売り物だけど」

私「おいくらですか?」

お「3万円」私「へぇ~」

懸命に欲しい雰囲気を消しレジへ向かう私…ドキドキ

3万円か~やっす~

頃合を見て…私「これと…あのろくろ買うから、少しまけて下さい」

お「いるんですか!?ろくろ…いいですよ…

…じゃあ1割引いて2万7千円で」

オ~一言で3千円…調子に乗って…

私「灰も買ったしもう少し負けて下さい」

お「…それは無理…だわ」

私「じゃあさっきの値段で分けて下さい…」

無事値引き成功しました、動作の確認をささっと終わらせて

車の後ろに積んで頂きました。

お「これ前にお医者さんが趣味で使ってたんです、だから

  ほとんど動かしてないの上の盤のサビは使ってないから…」

私「あぁ~そうなんですか~お医者さんが、へぇ~」

そのサビを見て程度の良いのは分かってました^^。

車に積んだ所です。
121102_1745~01
以前のろくろをどけて…よいしょ!。
121102_1807~01
高い灰たち(笑)。
121102_1747~01
赤五斗蒔も買ってしまいました。
121102_1748~01

前のろくろは壊れた訳じゃないんです

ただ一周する間にポコポコ振動と音がしてて…正直気になってました。

盤も磨り減ってやりずらかったんです。

おそらく、ろくろを買うのはこれで最後になると思います。

ろくろってそうそう壊れるものじゃないですからね。

それこそ一生モノ…安い買い物でした。

でわでわ!

押していただけると励みになります。




にほんブログ村
お陰様で陶芸部門outポイント1位になりました!
有難うございます^^
 
category
轆轤(ろくろ)について

大井戸…難しいですね。

こんばんは!!こくうです。

今日は手の練習で…「井戸」にチャレンジしました。

井戸茶碗は…難しいです

特に大井戸と言われるモノは

なかなか形が決まりません。

以前作った井戸土の残りがありましたので

さっそくロクロに乗せて…


121016_1456~01
121016_1458~01

基本通りは嫌いな私ですが…
のべ上げとのべ下げ位はします。
菊練りしてないのでやや、ブレてますね。
121016_1459~01

私は右手の親指で穴を開けます。
121016_1505~01

軽く粗伸ばしです。
121016_1508~01

下の粘土をしっかり掴んでもう一回伸ばします。
121016_1509~01

さらにもう一回伸ばして、全体のバランスを見ます。
121016_1513~01

バランスを整えて…最後に高台をキュッと絞めます。
121016_1515~01

全然ダメっすね。
121016_1539~01

土が余ったのでぐい呑みも井戸型にしました。
121016_1540~01

結局出来ませんでした。

削りは、しないで溶かします…。

お口直しに…どうぞ

喜左え門 井戸
銘 喜左衛門… お借りします^^。

美しい…。

まだまだ修行が足りません。

気力が充実した時に

またチャレンジします。

でわでわ!!

押していただけると励みになります。




にほんブログ村


にほんブログ村
有難うございます^^
category
轆轤(ろくろ)について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。